野球でタイを活性化
JICA派遣隊員が切り拓く道


JICA発、そしてタイ初となる野球プロジェクトが昨年から始動。
その初代派遣隊員に手を挙げたのが、浅野目侑一さん。
彼の目から見たタイの野球事情、そして自身が取り組む活動とは。

 

バンコクから車で2時間半。浅野目さんが指導現場として派遣されたのは、中高一貫となるスパンブリー・スポーツ学校。さまざまな競技が盛んに行われる中で、野球は少数派。初心者から始める子がほとんどという中で、浅野目さんの挑戦は始まりました。「日本で不動の人気を誇る野球は、韓国、台湾を筆頭にアジア各国で浸透し、産業としての経済効果も見られます。そんな野球を通した地域・経済活性化といったタイの発展を見据え、派遣されました。大きな活動は、野球の普及と野球技術向上の支援です」。

ソフトボール文化が深く根づくタイでは、野球人口はわずか1000人ほど。野球の大会は年に1回、それ以外の時期はソフトボールの大会に参加するのが現状です。「野球という言葉さえ知らない人も多いので、まずは『野球ってなに?』と反応してもらうのが、最初の一歩ですね」。

浅野目さんは、小学1年生から野球を始め、甲子園に出場。大学まで現役選手として活動しながら、小中学生に野球を指導してきました。その後は、職業として子どもたちへの野球指導を継続し、指導歴は10年以上。

「プロジェクトの立ち上げとしての責任もありますが、僕が初代だからこそ、全部トライ&エラーで挑戦できます。思いついたことは何でも、実行していきたいです」。

最終ゴールはプロリーグ開設。
そのための土台作りが、今です

昨年9月に来タイし、チームに合流してからは3カ月が経過。その感想はいかに?

「初めて彼らの野球を見て、思った以上に力はあるなと感じました。ただ、チームとして計画性が課題だなと。僕が来る前にもコーチはいたんですが、メニューやプランが一切なく、その日単位の断続的な練習という印象を受けました。そこを見直し、今は先を見据え、曜日ごとにテーマを持って1週間単位でメニューを組んでいます」と改善点を提案。また、それまでの全員練習を初心者と他の選手に区別し、初心者にはルールの確認やキャッチボールなど基本の体得に専念してもらい、それ以外の選手には連携プレーなど複雑なメニューを課すことで、チーム全体の底上げを図っています。

重きを置くのは、自分で考えさせること。「タイの人たちは特に、自分で考えることをせずに育って来た印象があります。言われたことをそのままやることはできますが、本当に強くなるためにはそれだけじゃダメなんです」と、問いかけを増やし、考える機会を促しているのだそう。

そうして選手たちと接しながら、野球を続けたいと思ってもらうためにどんな環境が必要かを、浅野目さんは考えます。野球だけで生活できない現状だからこそ、その受け皿を作る必要があると。

「タイにはプロチームもないし、代表チームに選出されても補助金はわずか。実力があっても、仕事が休めない選手は参加できないなどサポートが不足しています。その環境を少しでも整えられれば…」。

受け皿の最終ゴールは、プロ野球リーグ。ただ、そこに向けて耕すべき土壌は果てしなく広大です。派遣期間は2年。その間に、まず日本への野球留学ができる道を何とか形にすること。そして、タイの学校への訪問活動など画策中です。

「“革命を起こすのは、若者・馬鹿者・余所者”。これは、所属先の社長から言われた言葉です。まずはタイで“野球”という言葉が浸透する日を目指し、僕が出来ることを現場で実践していきます」。

学校から車で10分ほど離れたグラウンドで、子ども たちは朝・夕と練習に取り組む

学校から車で10分ほど離れたグラウンドで、子ども たちは朝・夕と練習に取り組む


PROFILE
浅野目 侑一
Yuichi Asanome
1986年、東京生まれ。小学1年から野球を始め、大学まで打ち込む。大学在学中に、現所属先である「スポーツデータバンク株式会社」で小・中学生に野球を指導。同社に就職し、JICAの民間連携ボランティアとして昨年9月から来タイ。タイの野球普及活動に努める。リラックス方法は、チームの子どもたちと食事。好きな言葉は「氣心腹人己」。

 


JICAタイ事務所

タイにおけるさまざまな支援活動を行っています

JICAの「民間連携ボランティア制度」は、民間企業がグローバル人材育成等を目的に社員をJICAボランティアとして途上国へ派遣する際に、それを支援する制度です。
[問い合わせ]
Tel. : 02-261-5250
E-Mail : ti_oso_rep@jica.go.jp
Website : www.jica.go.jp/thailand


編集部より
「子どもたちが親切で、タイでの生活に全く苦労してないんです」と笑って話してくれた浅野目さん。どんな環境にも柔軟に対応できる度量の大きさと、現状を冷静に分析できる目が、新たな道を切り拓く強さなのだと感じました

取材・文 山形 美郷


関連記事

  1. タイ各地に寄付を届ける タンブン・自転車ツーリング

  2. タイ生活のリアルと笑いを YouTuber・でいぜろバンコク

  3. 届け! 元気・勇気・笑顔 SARII’s CHEER ダンスコーチ

  4. 芸能界への新たな道を拓く 日タイ・ハーフモデルの決意

  5. 一人ひとりの可能性を開く シンガー兼ボイストレーナー

  6. 現役プロサッカー選手が “宮城・東北・タイ”の魅力発信

  7. 箏の音色をタイ全土へ 興味の芽を広げる箏演奏家

  8. タイ生活に安心と充実を ブレズ薬局の若き開拓者

  9. “人材紹介”を通して伝える タイと日本のいい付き合い方

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP