“長く、深く働ける人材を”
系企業のための求人サイト運営


高校時代から、企業のトップに立つ経営者の考えに向き合ってきた尾埼さん。
人材業界に踏み込んで、20年以上。タイで立ち上げた求人サイト
「JOBSUGOI.COM」に、これまで培ってきた経験が活きていました。

 

登録する日系企業は500社以上。求人を希望する登録者も6万人を超え、少しずつ認知度が高まってきたと話すのが、タイで唯一、日系企業のための求人サイト「JOBSUGOI.COM(ジョブスゴイ)」を運営する尾埼さんです。

離職率が平均20%前後と高いタイでは、人材育成がうまくいかず、悩みを抱える日系企業も少なくありません。そこに着目し、サイトを立ち上げたのが2014年でした。「それまで日系企業の方々から聞いていたのが、日本文化を全く知らずに入社したタイ人が、その規律の厳しさや体制に戸惑い、すぐに辞めてしまうこと。そのズレを解消するために何ができるか、考え始めました」。

そうしてタイの人材業界をリサーチ。疑問を抱いたのが、日本同等の紹介料でした。人材紹介会社を通して採用が決まったら、その分の紹介料が支払われるのは当然ですが、日本とタイでは離職率に大きな差があります。それなのに同等の紹介料を払うのは、企業にとって負担ではないか……。だからこそ尾埼さんは、希望者にも採用側にもギャップが生まれないよう“日系企業のため”の求人サイトを宣言し、日系企業に興味のある人材だけを集めてミスマッチを解消。「優秀な人材に低予算で出会える」との評判が広がり、立ち上げから2年後には、日本最大級の転職サイト「イーキャリア」を運営するソフトバンクグループの「SBヒューマンキャピタル」をパートナーに獲得。その名をタイ国内へ浸透させていきました。

“とりあえず”載せておこうと
思ってもらえる存在になれたら

「尾埼さんが初めて人材業界を意識したのは、高校時代。「父親が経営するヘッドハンティング会社のデータ入力を手伝っていたんです。何千件もの企業を見ながら、なんでこの人は採用されたんだろう? この企業にはどんな人が合うだろう? と興味を持つようになったのがきっかけでしたね」と振り返ります。大学進学後も手伝いは継続。さまざまな企業の経営者や人事部長と会う経験を重ねていきました。20代前後の若者が企業のトップと話をする。物怖じしてしまいそうな状況ですが、尾埼さんはいつも通り。

「経営者であり、人材ビジネスの大先輩である父親に直接仕事を教わっていたので、外部の人でも特に怖いことはありませんでした。むしろ、父親のほうが怖い(笑)。けれど今は、その厳しさが教育だったんだとわかります。自分が上に立つ時のために育ててくれたんだなと」。

そうして、さまざまなケースに対して“解決策”を柔軟に提案できるようになった尾埼さん。現在は、サイト運営という異なる立場でタイの人材業界に関わり、時には大学に足を運び、就職イベントやセミナーを開いて学生たちにメッセージを発信することも。「まだ知名度は低いけれど、力のある日系企業はたくさんあるよと、より多くの選択肢を提示します」。1回のイベントで約500人の登録者が集まると言い、日系企業への興味の高さが伺えます。

そんな尾埼さんが、自身のスタッフ面接を行う時に見るポイントについて尋ねると、“真面目さ”とシンプルな答え。

「修得するまでのスピードは違えど、人間の能力に大きな差はないと思うんです。会社のために真面目に頑張ってくれる人が来てくれればと思うだけですね」。常にフラットな立場で周りが見える尾埼さん。その頭の中では、新しい人事採用のカタチが動き出しています。

趣味のゴルフは、親交を深める絶好の場でもある


PROFILE
尾埼 将範 Masanori Ozaki
1976年、神奈川生まれ。「尾埼コンサルティング」代表取締役。工学博士、MBA(人事・組織戦略)を取得。父親が経営する「グローバルリサーチ社」で人材コンサルタント及びヘッドハンターとして勤務(現代表取締役)。人材業界で20年以上の経験を持つ。2014年に求人サイト「JOB SUGOI.COM」を開設。リフレッシュ方法はゴルフ。

 


JOBSUGOI.COM

登録者数は6万人以上! 頼れる求人サイト

「良い人材がなかなか採用できない」「採用にかかるコストが高い」…そんな悩みをお持ちの日系企業様のための求人サイト。採用方法や戦略のご相談など、お気軽にご相談ください。
[問い合わせ]
E-Mail: info@jobsugoi.com
Tel: 098-323-7400(日本人直通)


編集部より
本誌を通して取材してきた日系企業の方々の口からこぼれるのは、タイ人と働く上での“課題”と新たな“気づき”について。そんな企業をサポートするため、一定の距離から冷静に分析し、提案を続けてきた尾埼さんの話に、興味は尽きません(山形)

取材・文 山形 美郷


関連記事

  1. 野球でタイを活性化
    JICA派遣隊員が切り拓く道

  2. サッカーを通して喜びを 「Peace Ball Action」で笑顔を

  3. “タイと私”をもっと身近に バンコク国立博物館ガイド

  4. タイと日本の間に立つ
    引く手数多の俳優・仕掛人

  5. 「タイ語文化功労賞」受賞
    タイと一番“深密”な日本人

  6. 快進撃を続ける挑戦者
    「ばーる」から「十番」、そして…

  7. タイ雑貨で日常に温もりを 山岳民族と創り出す only one

  8. タイ菓子の物語をひも解く 編集者・コラムニスト

  9. 日本紹介番組『DAISUKI JAPAN』
    映像ディレクター時々、写真家

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP