山岳民族を支援して31年 コーヒー栽培から新しい未来を

1987年、タイの山岳民族を対象にした支援施設「リス生徒寮」の寮母として、
チェンライから車で2時間ほど離れた場所で暮らし始めた中野穂積さん。
2008年から始まったコーヒー栽培が今、新たな繋がりを育んでいます。

「ここは桃源郷か…」。知人に連れられ辿り着いたチェンマイの村で出逢った、色鮮やかな衣装や装飾品を身に付け、はにかんだ表情を見せるモン族の人たち。その姿に、思わずこの言葉が口からこぼれたと穂積さんは振り返ります。それは、1984年のことでした。

その3年後、縁は繋がり、リス族の教育支援としてチェンライ・メースワイ郡に建てられた「リス生徒寮」の寮母に就任。「1年だけと思って来たのですが、始まったら頭の中は子どもたち一色になっちゃって。他のことを考える余裕もなく、無国籍を含めた子どもたちが生きていく力を養えるようにと努め、2015年の閉寮まで、あっという間の日々でしたね」。

そんな穂積さんがコーヒー栽培へ向けて歩み出したのは、2008年。生徒たちの家族の重労働に見合う“換金作物”は何かと考えていた時、東京のNPO法人による生活向上プロジェクトのサポートを受け、コーヒーを介した支援が始まりました。「山の土地を借りられる15年の間に、結果を出したい」という決意と共に。

山の人たちは運命共同体。
最後まで見届けたいです

研修を受け、自分たちで育てたコーヒーの苗を農園に運んだのは、2011年6月。標高1100メートルの山間、40度近い急斜面に広がる約12ライ(1ライ=1600㎡)の土地に、5000本の苗を植えていきました。同時に、害虫から苗を守るため、マンゴーや柿などの果樹を混植。目指したのは、“おいしくて安全なコーヒー”であり、農薬を使わない有機農法。しかし、周囲は否定的だったと穂積さん。

「何度も、農薬を撒けば早いと言われました。けれど、それによって体にも環境にも悪影響が生じる。化学肥料を撒き続けることで、山の暮らしが壊れると思ったんです。有機農法でもやれるということを示して、みんなに伝えたかった。人にやさしい、自然と共に生きる方法を」。

水やり、堆肥作り、害虫駆除、耕作…。有機農法の難しさを肌で感じながら、試行錯誤を経て穂積さんがコーヒーの実と対面したのは、定植から2年後。それは僅かながら、有機農法への理解が山の人たちに伝わった瞬間でもありました。

穂積さんが山の人たちとの関わり合いの中で心に決めているのは、約束を守ること。嘘偽りなく、心を裸にすること。「言葉の問題がありますから、すべてを伝え切るのは難しい。だからこそ、姿勢で伝えるしかないですし、そこにコツはありません」。そうして、全身で向き合ってきました。

今年で栽培を始めて丸7年。少しずつ豆の収穫量が増え、品質も向上。自ら行う焙煎も安定し、自立への道筋も微かに見えてきたと手応えを感じています。

「大変なこともありますが、良かったことの方がたくさんあります。一番は、今まで以上に山の人たちの心に寄り添えるようになったこと。自然の中に身を置き、朝から夕方まで農作業を行う。終わった後は、周りの山を眺めながら風に吹かれて帰る。その時の風景がとても美しくて、こんな時間があるからこそ、みんな山から離れられないのかなと思いました」。

同じ気持ちを、同じ場所で共有する――― 穂積さんは近代化が進むタイで、山の人たちがどこに向かうのかを見届けたいと口にします。「おせっかいかもしれませんが、山の人たちの役に立ちたいですし、寄り添いたい。死ぬまでずっと…もう運命共同体ですね」。そう軽やかに言い、穂積さんはニコリと笑いました。

農園で見たコーヒーの実。取材時はまだ青く、今から赤く色づいていくそう(10月末〜1月頃が収穫期)


PROFILE
中野 穂積
Hozumi Nakano
1956年生まれ、三重県出身。青山学院大学卒業。87年、チェンライ県メースワイ郡で山岳民族を支援する「リス生徒寮」開設。2008年から東京のNPO法人による支援を受け、コーヒー栽培に着手。現在はタイ人スタッフと共に、元生徒寮である「暁の家」で生活。リラックス方法は、飼っているイヌやネコと遊ぶこと、庭の草花の手入れ。


ルンアルン(暁)プロジェクト
「暁の家」訪問や農園見学など
お気軽にお問い合わせください
「暁の家(元生徒寮)」を母体に、コーヒー栽培をはじめ、山岳民族の教育・生活を支援。支援会員や寄付を通して活動をサポートして頂ける方も募集しています。コーヒーの購入は「デコセレクション」で。
[問い合わせ]
Address:P.O.Box 5, Wiangpapao, Chiangrai
Telephone:05-364-8825
E-mail:rungarun_akatsuki@yahoo.co.jp
Website:www.rungarun-akatsuki.ednet.jp


編集部より
取材時、現地で共に過ごしたのは「暁の家」の存在を知って自主的に訪れたという青山学院大学の学生たち。「自分たちが農園や山の人たちに対して何が出来るか」を考える姿に、新たな息吹きを感じました(山形)

取材・文 山形 美郷


関連記事

  1. タイ雑貨で日常に温もりを 山岳民族と創り出す only one

  2. 日本紹介番組『DAISUKI JAPAN』
    映像ディレクター時々、写真家

  3. 母として、女性として
    ママを輝かせる応援団に

  4. 過去の経験を今に活かす
    不妊治療専門コーディネーター

  5. 快進撃を続ける挑戦者
    「ばーる」から「十番」、そして…

  6. 老舗家具メーカー・吉桂が提案 “家族を笑顔にする”空間造り

  7. お互いを認め合いながら
    日タイ特別支援教育の向上を

  8. 相撲の面白さをタイ全土へ
    泰国相撲連盟・会長

  9. 「タイ代表をオリンピックへ」 元フィギュアスケート選手の決意

おすすめ記事

  1. 百五銀行
  2. 阪急阪神 不動産
  3. HOSHIZAKI (THAILAND)
  4. 商工中金
  5. KANEFUKU (THAILAND) CO.,LTD.

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP