“自分らしく”輝ける一着を ウェディングドレス・プランナー

夫婦として家族として、新たな一歩を踏み出す結婚式は、人生における重要な行事の一つ。そんな記念日を華やかに彩り、新婦の魅力を最大限に引き出すドレスを提案する、ミーシャこと美沙子さん。最高の輝きを引き出す方法とは。

シーロムの緑豊かな通りに面した、ウェディング・パーティードレス専門店「AUNCHALEE BOUTIQUE」。ここが美沙子さんの拠点であり、学生時代の友人との「将来、一緒にビジネスをやろう」という約束を叶えた場所です。

「もともとファッションが大好きでしたし、とにかく人に何かしてあげたい性格。理想のドレスを実現するためのお手伝いは、性に合っているんでしょうね」。ドレス製作に関わる基礎知識を学び、マネージャー兼プランナーとして、これまで延べ3000人以上にドレスを提案。10年目の今では、お店に入って来た瞬間に、その人にピッタリな一着が思い浮かぶまでに。

「第一に考えるのは、“その人らしさ”を最大限に引き出せるかどうか。結婚式当日が、人生でもっとも輝く1日になるように全力でサポートしています」。

上質な素材を揃え、顧客の要望に柔軟に応えられる高い技術を誇るブティックには、タイはもちろん近隣諸国や欧米からの訪問者も。美沙子さんは一人ひとりに対し、「悩むのは当たり前。時間をかけて、じっくり決めてください」と声をかけているのだそう。それは過去に、ドレス選びに失敗した人がいたからこその言葉でした。「初めてウェディングドレスを着たら、誰でも舞い上がってしまうもの。即決して後悔してほしくないので、その場で決められた方にも、『家に帰って、ゆっくり考えてからお返事をください』と伝えています。笑顔で、ドレスに袖を通してほしいですから」と、凛とした声を響かせます。

ウェディングドレスに加え、パーティードレスやスーツ、既製品まで幅広く取り扱う「AUNCHALEE」

タイは枝術・価格・質ともに世界屈指のオーダーメイド国

高額なウェディングドレスは、“ハレの日”を演出するための特別な買い物。そんな場に立ち会う美沙子さんは、ドレスプランナーとして“人間関係”がもっとも大切だと実感を込めます。特にオーダーメイドの場合、生地の選定やデザインの打ち合わせ、縫製、フィッティングなど平均で3〜4カ月、長い人では1年にも及ぶ付き合いになることも。美沙子さんは依頼者を、「スタッフと顧客という枠を越えた、最高の結婚式を目指して一緒に歩む同志」と表現。「完成まで何度も顔を合わせるからこそ、何でも相談できる関係性じゃないと途中で息切れしちゃいますし、落ち込んでいる時には、前を向いて楽しく歩けるよう寄り添うことが、プランナーとしての根幹なのかなと、年月を重ねて感じるようになりました」。

同時に、タイに息づくオーダーメイド文化の素晴らしさを美沙子さんは実感。世界中から集まる上質な生地やレースといった素材の豊富さ、縫製をはじめとした精緻な技術、他国では考えられない手頃な価格、じっくりと時間をかけて作り込める環境は、世界広しと言えどタイしかないと言葉に力を込めます。

「多くの素材が集まると同時に、確かな技術が備わっているからこそ、さまざまな希望を叶えられるのがタイです。例えば、欧風なウェディングドレスに、タイの伝統衣装や模様、エスニック要素を取り入れるのも楽しみ方の一つ。特別感が増し、よりモダンでよりユニークな、世界に一つだけのドレスになる。一人でも多くの方に、この文化を楽しんでほしいですね」。

打ち合わせやフィッティングを含めた濃密な時間が、ウェディングの記憶にも色濃く刻まれるドレス作り。二人三脚から生まれる、袖を通した花嫁をより一層輝かせる一着を求めて、美沙子さんのもとには、今日も“同志”が訪れます。


PROFILE
斎藤 美沙子
Misako Saito
1984年、バーレーン生まれ。3〜5歳まで日本で暮らし。その後、父親の仕事に伴い、イギリスに4年在住。94年より、家族と共に渡タイ。ホテル勤務を経た2009年、同店マネージャーに就任。タイをはじめ、アジア、欧米、中東など幅広い顧客を持つ。在タイ歴26年。リフレッシュ方法は、愛犬との触れ合い。タイの好きなところは、ポジティブさ。愛称は「ミーシャ」。


AUNCHALEE BOUTIQUE
ウェディングからパーティードレス、スーツまで対応致します

BTSサラデーン駅から徒歩10分の場所にあるサラデーン店と、マンダリンオリエンタルホテルのショップングビルG階の2店舗を展開。綿密な打ち合わせから、皆さんの理想の一着を製作します。
[問い合わせ]
サラデーン店
Address:23/13-14 YJA Bldg., Sala Daeng Soi 1, Silom
Tel:081-808-1915(ミーシャ)
Facebook: Aunchalee Boutique


編集部より
取材当日、眩しい笑顔で迎えてくれた美沙子さん。快活な口調でこれまでを振り返り、ドレスに対する想いを語るその真摯な姿に、多くの人がブティックに来る理由がわかった気がしました(山形)


関連記事

  1. タイ初のコスプレ雑誌創刊
    “ひとり草の根活動”で開けた道

  2. 親子が集い、語らえる場を 子育てサポーター「BAMBI」

  3. 「自分に打ち勝つ“強さ”を」 武道を通して自立をサポート

  4. 演じて生まれる“思いやり” タイで唯一の日本語劇団

  5. 働けないと諦めていた奥さんへ
    “才能が花開く”スタジオ

  6. 共通項は、サッカー 人と企業の“和”を創りたい

  7. サンクラブリーの孤児を支援 “生きる力”を育む「虹の学校」

  8. アーティストの飛躍を後押し 芸術を愛する画廊オーナー

  9. 日本紹介番組『DAISUKI JAPAN』
    映像ディレクター時々、写真家

おすすめ記事

  1. 腰痛
  2. ソンクラン 旅行特集 第1週
  3. ストレスと凝り
  4. スポーツ障害
  5. チャトチャックECへ

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP