【WiSEビジネス特集】リース・レンタル特集

年々、日系リース・レンタル会社の進出が目覚ましいタイ。
リース及びレンタルで経費上のメリットとなる他、
気軽に最新気鋭の設備を導入でき、生産性向上にも繋げることが可能だ。
柔軟な活用でさまざまな利益を生み出す、全6社を紹介する。

土地や機械などを自費購入するとなれば、会計上の処理や物件の登録(登記)、さらには保険手続きまで何かと面倒なのが海外ビジネスの現場。産業の集積が進むタイでは早くから導入され、土地、倉庫、機械類、自動車など、さまざまな資産が対象となっている。そのための会計処理の基準が「タイ王国会計基準」にも項目立てされており、数多くの企業が同制度を活用している。

まずは、リースとレンタルの違いから。リースは顧客の求める機械や機器、自動車などの新品を調達し、比較的長期にわたり供与。レンタルは貸し出す側が保有する在庫の中から借主の要求に近いものを貸し付けるもので、比較的短期の契約が多いとされる。倉庫や構築物など不動産、汎用性の高い運搬機器や倉庫、イベント等の短期使用などについてはレンタルも少なくないが、個別設備機材や自動車、オフィス用品などはリース契約が中心となっている。

利用のメリットとしては、①購入時のローンや保険加入、登録(登記)などの煩雑な事務手続きが不要。②突発的な修理費やメンテナンス費用も発生しないため、毎月一定額の支払いだけで事業計画が立てやすい。③税務上、リース料を全額損金処理することが可能。④期間を短く設定することで、技術革新の波に乗り遅れることなく設備更新が進められる。⑤物件の場合、タイでは各々に応じた法定耐用年数の定めがなく(一定期間での償却が規定されている中)、物件の償却年数を実質的に定めることができるため事業計画の立案が容易。この他にも、利用期間の経過と共に逓増逓減していく不均等払いのリースを組成することができ、また機械設備などをリース会社に名目上いったん売却し、リース物件として引き続き使用するといったリース・バックの手続きを取ることができるのも、タイの税法上の特徴である。

契約内容によって判断が分かれることもあるが、タイでは割賦販売(金融)に近いファイナンスリースの手続きによって会計処理されることが多い。例えば物件の場合、ユーザーは物件を資産として財政状態計算書に計上すると同時に、物件の価額(相当額)を負債としても計上。減価償却費相当額とリース料のうち、金利に相当する部分をそれぞれ経費処理する。一方、原則として中途解約が可能なレンタルやオペレーティングリースと呼ばれているリース契約では、一般的な賃貸借契約の処理に従い、オフバランスのまま支払った金額を全額経費処理している。リース及びレンタルを賢く利用することが、時代を生き残るカギとなるだろう。

 

E-CRAFT 1台・1カ月から! IT関連機器を網羅

“どこまでも安心サポート”をモットーに、メーカーを問わず予算やニーズに合わせて、フレキシブルに最新の製品を提供しています。リース可能なIT機器はパソコン1台、最短1カ月からご対応いたします。万が一、機器に不具合が生じた時でも「お客様が本来の業務に集中できるように」と、迅速かつ万全なフォロー体制が備わっています。「求められる“声”に応えたい」。まずはお気軽にご連絡ください。

RYOYO SERVICE 高品質な日本製中古フォークリフトを安価で提供

良好な状態のフォークリフトを日本より輸入し、独自のノウハウでメンテナンスします。そのクオリティの高さと信頼性、万全の整備により安心・安全なフォークリフトを低価格で提供しています。幅広いラインナップで車種を取り揃え、用途・要望に応じたカスタマイズも可能です。また万一の故障時にも、迅速に対応できる充実したサービスも当社の強み。お気軽にご相談ください。

SIAM KANAMOTO “顔が見える営業”でみなさまのお手伝い

弊社では私たち4名の日本人専属スタッフを筆頭に、建設機械・器具のレンタル及び販売事業を行っております。高所作業車をはじめ、発電機や電動工具、大型・小型重機まで約700アイテムを保有し、納品もフレキシブルに対応。提案からアフターサービスまでのきめ細かいサービスで、日系企業はもとよりローカル企業からも支持を頂いております。必要な時に、必要な分だけ、必要なモノを—。最適な現場づくりのお手伝いをいたします。

SUMITOMO MITSUI AUTO LEASING & SERVICE
顧客の“安心・安全”を守るオートリース専門会社 

弊社は、健全な事業活動を通じて、皆様にタイのオートリース会社としての信頼性を伝え、今後も最高品質のサービス管理会社として豊かで幸せな社会を実現していきます。また、自動車ユーザーの皆様が弊社の優れたサービスだけでなく、タイにおける自動車社会の安全性と信頼性という新しい価値の創造に満足されることをお約束するとともに、世界の多様性の先駆けとなるポジティブでアクティブな企業を目指します。

TC CAR SOLUTIONS「金融×サービス×事業」の新領域へ

弊社は、日本カーソリューションズ、オリコオートリース、ニッポンレンタカーサービスという、国内屈指のオート事業会社を擁する日本トップクラスの金融・サービス企業「東京センチュリー」の連結子会社として、2017年に設立。今年1月、タイでもオートリース事業トップを目指し、さらなる強化・拡大に踏み切りました。多様化する車社会において、お客様の安全性の向上と効率化をサポートいたします。

THAI ORIX LEASING「お試し」導入支援ロボット・レンタル

自動化(FA)ニーズに対応するため、安全柵や監視センサーなしで人と一緒に作業可能な協働ロボットにフォーカスし、顧客の導入・検証をバックアップする「6カ月レンタル検証パッケージ」を提供しています。レンタルの利便性を生かすため日本の在庫も利用します。より短期間のレンタルや、その他の産業用・搬送ロボット、AGV等との組み合わせはご相談ください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • ドライバー派遣サービスで急成長中 迅速・丁寧なアフターケアで顧客満足度◎
    ドライバー派遣サービスで急成長中 迅速・丁寧なアフターケアで顧客満足度◎

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top