【バンコクハイジーン】VOL.24 : モロヘイヤ

常夏の国・タイ。バンコクは高温多湿であり、いつ夏バテ状態にもなるとも限りません。それに加え、慣れない海外生活や仕事のストレスなど、体調管理がとても重要になります。バンコクで体験できるちょっと変わった健康法(ハイジーン)。あなたのカラダにもいい変化が現れるかもしれません。

 


 

みなさんは、モロヘイヤという野菜をご存じでしょうか?
モロヘイヤはエジプトを中心とする中東地域で栽培され、高温乾燥地帯でも育つ生命力の強い野菜。クレオパトラも好んで食べたと言われています。青菜の中でもずば抜けた栄養価を持ち、日本で初めてモロヘイヤの栄養分析が行われた時、担当した研究者はあまりの数値の高さに計測を間違ったのではないかと思ったそうです。
モロヘイヤは、老化の原因である活性酵素を抑制するカロチンの含有量が、ホウレンソウの4・6倍、ブロッコリーの19倍。ビタミンBとE、ヘモグロビンも豊富なので、貧血予防にも効果的です。
バンコクでは大手スーパーに置いているので、簡単に手に入ります。ご自宅で調理される場合は、加熱で栄養ビタミンを損なわないように、サラダやスープの具に使うのがオススメです。
さらに、タイでは、オーガニックのモロヘイヤを使ったノンフライ、保存料・着色料不使用のヌードルが売っています。ご紹介するハーモニーライフ農園のモロヘイヤヌードルは、バンコク都内のオーガニックショップで販売。椎茸スープ付き、トムヤムクンスープ付きと、ノンスープがあります。暑いバンコクの気候でも食がすすみ、栄養の消化・吸収が抜群。また、モロヘイヤパウダーも購入できますので、料理の隠し味としても使えます。
ちなみに我が家では、以前ご紹介したコールドプレスジュースに、モロヘイヤパウダーを混ぜて栄養価を高めています。
みなさんも、ぜひお試しください。

492


 

【Profile】

クリスチーネ剛田。世界各地を放浪の末、2009年からバンコクに居を構える。長年の長旅の疲れか、あるいは単なる老化なのか、不定愁訴が現れはじめたため、日々健康を求めてバンコクを徘徊する40代主婦

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • ウイルス・細菌除菌サービス フードグレードのバイオ洗浄剤
    ウイルス・細菌除菌サービスで これからの社会に貢献

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top