タイ上場企業の今がわかる!タイ王国業界マップ【FILE 05-3 不動産セクター:住宅不動産分野1】

gyokai_title
タイ証券取引所に上場している5番目のセクターは不動産・建設分野である。14年度末時点で不動産・建設分野は4つに分かれており、不動産建設資材「Construction Materials」19社、不動産開発「Property Development」52社、不動産ファンド・REIT「Property Fund & REITs」54社、建設サービス「Construction Services」19社となっていて合計で144社。今回は住宅不動産系の企業で上場している企業の解説を行う。タイの住宅不動産では長らくランド&ハウス(LH)社が売上規模1位で揺るぎない地位を確立してきたが、近年中間層向けに低価格販売で急成長してきたプルックサーリアルエステイト(PS)社が売上規模1位となっている。続いて高級住宅ブランドSIRIを展開するサンシリ(SIRI)やAP(AP)やクオリティハウス(QH)などが続く。

Abe’s Check!

日本人が多く住むスクンビットエリアでも、ランド&ハウスの開発する「The Room」やプルックサーリアルエステイトの開発する「IVY」、サンシリの開発する「SIRI」「39 by Sansiri」「Keyne By Sansiri」「Quattro by Sansiri」などが有名。APタイランドは「The Address」「Rythem」「Life」「Aspire」など。一方、タイ人富裕層では郊外各地区で大手不動産開発会社が開発する一戸建てに住むケースが多い。また、若い層が大量輸送交通機関の近隣に住む傾向が増えている。

489

※タイ証券取引所(SET)では厳密に分けると同業でも違うセクターで上場しているケースもある。 今回は原則セクター別の基準を準拠して解説。非上場の企業は今回は解説をせず除外している。


阿部俊之
ASEAN JAPAN コンサルティング社代表取締役。市場調査、分析、マーケティング、企業設立を得意とし、2015年末に向けてASEAN経済共同体(AEC)向け市場マップを配布中。TEL02-612-7323(資料請求はこちらへ)

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 排水処理設備やRO造水装置、軟水化装置の設計・導入・メンテナンス
    排水処理設備やRO造水装置、軟水化装置の設計・導入・メンテナンス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top