【クンターン・トンネル】タイ最長の鉄道トンネル

北部ラムパーン県とラムプーン県を結ぶ「クンターン・トンネル」は国内7つの鉄道トンネルの内、最も長い距離を誇る。ラマ5世の指導により1907年から建設が始まり、11年の月日をかけて完成。全長1352.15m、幅5.20m、高さ5.50m。約130万Bの建設費を投じた。  同トンネルへは、ラムパーン県の中央・ナコーンラムパーン駅から乗車し、トンネル入口に位置するクンターン駅で下車するのがオススメ。レトロな雰囲気が残っているので、記念撮影にどうぞ。

 

 TIPS! 

●周辺には、ドイクンターン国立公園があるので、そこでも自然が楽しめる。

●ラムパーン空港から車で約1時間30分。

 

 ☆Ranking  

1位:クンターン・トンネル (ラムパーン県とラムプーン県の間)  1352.15m

2位:プラプッタチャイ・トンネル (サラブリー県)  1197m

3位:カオプルン・トンネル (ウッタラディット県とプレー県の間)  362.44m

※2018年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻
    目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top