【ケーンクラチャン国立公園】タイ最大の国立公園

タイ中部のペッチャブリー県に位置する、タイ最大の国立公園「ケーンクラチャン国立公園」。総面積は2914.70㎢。熱帯多雨林の園内には、ベンガルヤマネコをはじめ、シャムワニやフクロウなど、多種多様な野生動物が暮らしている。  バードウォッチングやバタフライウォッチングのほか、滝や洞窟巡りも楽しめる。また、園内のダム周辺ではテントを張ることができるので、キャンプも可能。同公園にある18軒の宿泊施設は、要事前予約のこと。

 

 TIPS! 

●バンコクから車で約2時間30分。

●入園料:大人300B、子供200B(外国人料金)。

 

 ☆Ranking  

1位:ケーンクラチャン国立公園 (ペッチャブリー県)  2914.70㎢

2位:タップラーン国立公園 (プラーチーンブリー県)  2235.80㎢

3位:カオヤイ国立公園 (ナコーンラーチャシーマー県)  2215.42㎢

※2018年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 製造業界が抱える課題を解決!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top