【サイアム商業銀行】タイ初の銀行

  1904年(ラマ5世時代)、タイで最初の商業銀行として設立されたのが「サイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)」。当時、西洋との国際貿易が始まったことにより、タイの経済をサポートするために開設されました。普通預金、当座預金、小切手などのサービスをどこよりも早く取り入れ、後に続く銀行の基盤を作ったと言われています。開設から100年以上を経てもなお健在。不動の地位を築いています。

 

 PROFILE 

1904年に財務省が官設。当初は「Book Club」と呼ばれ、ジャルンクルン地域に初店舗をオープン。現在は「The Siam Commercial Bank PCL.」が運営。

 

 ☆開業年☆ 

1位:サイアム商業銀行(SCB)  1904年

2位:政府貯蓄銀行(GSB) 1907年

3位:Citibank N.A.  1923年

※編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工
    技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top