【サムットソンクラム県】タイで最小の県

人気観光地「アンパワー水上マーケット」や「メークローン市場(タラート・ロムフープ)」があるのが、タイ77県のうち最小面積を誇るサムットソンクラム県。総面積は416.707平方キロメートル(日本一小さい香川県の約4分の1)。同県には、タイ湾に面したメークローン川の河口があることから、昔から水運の要所として発展してきた。 バンコクから南西に約70キロ、車で1時間30分。日帰り旅行地としても人気であり、前述した観光地のほか潮干狩りで有名な「ドーンホイロート」もある。

 

 TIPS! 

●プラートゥー(アジ)と ライチの産地として有名。

●タイ人の間では、同県の形がバクの頭のようだと言われている。

 

 ☆Ranking  

1位:サムットソンクラム県 416.707平方キロメートル

2位:プーケット県  543.034平方キロメートル

3位:ノンタブリー県  622.303平方キロメートル

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top