【シーナカリン・ダム】タイ最大貯水量を誇るダム

タイ国内では約30基のダムがあり、その中で最も大きな貯水量を誇るのが、カンチャナブリー県にある「シーナカリン・ダム」です。タイ王国発電公社が建設したシーナカリン国立公園(総面積1532キロメートル)のシンボル。 ダムの総面積は419平方キロメートルで、貯水量は約177億トン。たくさんの魚が生息し、釣り場や観光地としても人気。72万キロワットの電気を生み出す水力発電所も併設されています。

 

 PROFILE 

1973年に建設を始め81年に竣工。バンコクから約200キロメートル離れたカンチャナブリー県にあり、釣りスポットとしても人気。

 

 ☆Ranking 

1位:シーナカリン・ダム  177億トン

2位:プーミポン・ダム 134億トン

3位:シリキット・ダム 95億トン

2015年、Thainews調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 最新テクノロジーが支える 金属熱処理のエキスパート
    最新テクノロジーが支える金属熱処理のエキスパート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top