【タイ国際航空】タイ初の航空会社

「タイ国際航空」の歴史は、70年前に遡る。前身となる国内線「タイ航空」が1947年に開業。その後、1960年に「スカンジナビア航空(SAS)」と合弁し、現在のタイ国際航空が誕生した。投資額は200万Bと言われ、記念すべき最初のフライトは香港だったという。  その後、国内線と国際線それぞれ別会社で運営していたが、1987年に「タイ国際航空」として合併。現在は、タイを含む3大陸35カ国に就航されている。ブランドカラーは、王宮を表す「金色」、タイシルクと蘭を表す「ピンクとパープル」。タイの歴史を感じながら楽しい空の旅を。

 

 TIPS! 

●「タイ・スマイル」と「ノックエア」はグループ会社。

●「Puff & Pie Bakery House」というベーカリー店も運営。

 

 ☆Ranking  

1位:タイ国際航空  1960年

2位:エア・サイアム  1965年(廃業)

3位:バンコク・エアウェイズ  1968年

※2017年、編集調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える
    「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top