【チャルーム・プラキアット 80 パンサー・ブリッジ】タイ最長の橋

南部パッタルン県にあるタイで最も長い橋「チャルーム・プラキアット 80 パンサー・ブリッジ」は、2007年に完成。全長は5.45km、タレーノイ湖とタレールアン湖の間に位置する。もともとは赤土の道路が走っていたが、雨季シーズンになるとタレーノイ湖から溢れ出る水を道路が塞き止め洪水を引き起こしていた。そのため、03年にタイ政府が道路の代わりに橋の建設を計画。高い位置に橋をかけることで、湖の水が流れるようにした。橋の上からは眺めが良く、鳥や水牛を見ることもできる。また、夕日が湖に沈む光景が特に美しく、観光スポットとして訪れる人もいるほどだ。

 

 TIPS! 

●「エッカチャイブリッジ」とも呼ばれる。

●日の出も見ることができる。

 

 ☆Ranking  

1位:チャルーム・プラキアット 80 パンサー・ブリッジ  ▶(パッタルン県)5.45km

2位:ティンスーラーノンブリッジ  ▶(ソンクラー県)2.64km

3位:ラマ3世ブリッジ  ▶(バンコク)1.86km

※2017年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top