【バンコク国立博物館】タイ最古の国立博物館

タイ全国にある44の国立博物館のうち、最も先に建てられたのが「バンコク国立博物館」。1874年にラマ5世の指令を受け、王宮内に開設された。その後1887年に、現在の前殿前(王宮前広場の対面)に移転。  館内は、タイの歴史、タイの芸術文化・考古学の歴史、美術・民族学と3つのカテゴリーに分類。新石器時代からスコータイ・アユタヤ王朝、そして現在に至るまで膨大な数の美術品が展示されている。入場料は、外国人200B。毎週水・木の9:30からは日本語ガイドによるツアーも利用可能。ちなみに、ラマ4世時代にも博物館が建てられたが、それは王室だけが入れる「ロイヤルミュージアム」と呼ばれ、廃館となっている。

 

 TIPS! 

●BTSサイアム駅から車で約30分。

●開館時間: 9:00〜16:00、 閉館日:月・火・祝。

 

 ☆Ranking  

1位:バンコク国立博物館 (バンコク)  1874年

2位:ソムデットプラナライ国 立博物館(ロッブリー県)   1924年

3位:インブリー国立博物館 (シンブリー県)  1948年

※2017年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top