【パッタルン植物園】タイ最大の植物園

1994年に完成したタイで最も広い植物園の「パッタルン植物園」は、パッタルン県のタレーノイ狩猟禁止エリアとクローンユアン国有林、トゥンサ公有地一帯を有する。この植物園を開園した目的は、沼沢林の保護のため。総面積は約10k㎡、東京ドーム207個分ほどの広さだ。カニクサやバナバや蓮などのさまざまな植物が育ち、野鳥の観察も楽しめる。また、ボートに乗って見学するツアーも開催されている。現在は、天然資源・環境省からの予算で930mの自然遊歩道やトイレ、駐車場などの設備も整い密かな観光地となっている。

 

 TIPS! 

●パッタルン植物園にある沼沢林は、パッタルン県最後の沼沢林だと言われている。

●開園時間は、月〜日 8:00〜16:00。

 

 ☆Ranking  

1位:パッタルン植物園(パッタルン県)  ▶9.76k㎡

2位:森林局100周年記念植物園(サケーオ県)  ▶8.87k㎡

3位:プケェー植物園(サラブリー県)  ▶8.08k㎡

※2017年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • オフィス構築、家具・文具販売
    100社あれば100通りのオフィスがある。「KOKUYO」が新たな働き方を提案。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top