【パープン洞窟】タイ最深の洞窟

タイ北部のナーン県、ドイ・パープンという山中にある「パープン洞窟」をご存知だろうか。洞窟入り口の大きさは幅40m、高さは20m。奥までの距離は476m。途中、上から光が差し込む広場も姿を現す。また洞窟内は上から水が滴り落ちているため、滝のような鍾乳石ができ、幻想的な空間を垣間見ることができる。 パープン洞窟へ向かう山道には、立派な樹々とともにクジャクの羽根を連想させるフィッシュテールパーム(ヤシの木の一種)が立ち並ぶ。ナーン中心部から車で約1時間20分。日の出の観賞スポットとしてコアなファンを集めている。※洞窟内は暗く、滑りやすいので注意が必要。

 

 TIPS! 

●タイ政府と共産党が争っていた1965年頃には、市民の避難所として使われた。

 

 ☆Ranking  

1位:パープン洞窟 (ナーン県)  476m

2位:パーデーン洞窟 (チェンマイ県)  246m

3位:パーサキーヤオ 洞窟(クラビー県)  240m

※2016年、「Shepton Mallet Carving Club」調べ

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top