【プラサカヤムニーシースメットボーピット仏像】タイ最大の涅槃仏

サムットプラカーン県のワットバーンプリーヤイーグラン寺院に位置する、タイ最大の涅槃仏「プラサカヤムニーシースメットボーピット仏像」。  1978年に現在の住職の指導元、23年の月日を経て完成。ピカピカのブロンズ製で、全長53m、幅6.5mと大迫力。同涅槃仏が眠る建物の1階は礼拝エリア、2〜3階には仏教関連の壁画が飾られ、4階には涅槃仏のハートをモチーフとした像が祀られている。同寺院の敷地内は緑が溢れ、心身共にリラックスできる空間だ。

 

 TIPS! 

●寺院内の池では、魚に餌をあげることができる。

●BTSサムローン駅から車で約35分。

 

 ☆Ranking  

1位:プラサカヤムニーシースメットボーピッ ト仏像(サムットプラカーン県)  53m

2位:プラプッタサイヤート仏像 (アーントーン県)  50m

3位:プラノーンジャクシー仏像 (シンブリー県)  47m

※2018年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 電気不使用・CO2排出ゼロ 新時代の「空温式ベーパーライザー」
    電気不使用・CO2排出ゼロ 新時代の「空温式ベーパーライザー」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top