【プラワンデーン洞窟】最長の洞窟

タイで一番長い洞窟と言えば、ピッサヌローク県トゥンサレーンルアン国立公園にある「プラワンデーン洞窟」。長さ1万3789m、幅50〜100mにもおよぶ洞窟の入口には、仏像が鎮座。中に進むと石筍や沼があり、「目のない魚(Schistura spiesi)」という洞窟魚が生息している。また、洞窟内の天井には無数のコウモリがぶら下がり、インディ・ジョーンズさながらの光景が広がる。  ベストシーズンは、渇水期になる4月。見学したい方は、事前に同国立公園の管理事務所へ届け出が必要。

 

 TIPS! 

●自然豊かなエリアで、気分リフレッシュ。

●ピッサヌローク空港から車で約1時間20分。

 

 ☆Ranking  

1位:プラワンデーン洞窟 (ピッサヌローク県)  1万3789m

2位:カメーラナー洞窟 (メーホンソーン県)  1万2720m

3位:ヤイーナムナーオ洞窟 (ペッチャブーン県)  1万0631m

※2017年、「Shepton Mallet Carving Club」より

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート
    JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top