【南本線】タイ最長の鉄道路線

タイ国内には、主に5本の鉄道路線があり、最も長い線路はタイ国有鉄道が運営する「南本線」です。バンコクから南部ナラティワート県を結び、その長さは約1,144km。ラマ5世時代に建設されたこの路線は、9年かけてバンコクから中部ペッチャブリー県までを完成させた後に、さらに12年かけて現在の長さとなった。15県を走る同路線の始発から終着駅までは、最短で約21時間。特別特急から特急、快速、普通まで4種類あり、寝台列車も選択できる。バンコクからの始発は8時5分、最終は22時50分。

 

 TIPS! 

●バンコク市内の乗り場は、フアランポーン駅とトンブリー駅。

●バンコクからナラティワート県までの特別特急料金は、現在893B。

 

 ☆Ranking  

1位:南本線  1,144.29km

2位:北本線  751.42km

3位:東北本線  627.5km

※2017年、編集部調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 複合機・プリンター等の輸入・販売
    「お客様第一主義」をテーマに、タイ国内の複合機・プリンターの販売とサポート環境を拡充。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top