【CentralWorld】最大面積のデパート

タイ国内最大面積のデパートは、BTSチットロム駅−サイアム駅間にある「セントラルワールド」。世界8位の大きさを誇ります。  同店の前身は、1964年に開業した「タイ大丸」。その後、1989年に「ワールドトレードセンター」へ名称を変更し、「ZEN」と「伊勢丹」の営業を開始しました。2002年には、セントラルグループへ経営権が譲渡。「セントラルワールド」にリニューアルし、現在に至ります。総面積55万㎡。敷地内にはオフィスビル、ホテルが併設され、7000台収容の駐車場も完備。コンサートホールと高級ライフスタイルモール「Groove」も新たにオープンしています。

 
 

 PROFILE 

前身は1964年に開業した「タイ大丸」。2002年より、Central Pattana PCL.が運営。10年にはInternationalCouncilof ShoppingCentersのBestof theBest賞、11年にThailand Energy賞とASEANEnergy 賞を受賞

 
 

 タイデパート・総面積トップ3 

1位:CentralWorld 55万㎡

2位:Central Plaza Westgate 50万㎡

3位:Siam Paragon 50万㎡

※2015年、Thairath調べ

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 太陽光発電に関わる設計・機器調達・建設・運営・保守
    世界の信頼得た太陽光システム 商品力と充実のサポートに強み

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top