プンが行く!!
VOL.70:フレンチハウス

タイとフランス両国の、友好の歴史を知る一日

9月17日の「ヨーロッパ文化遺産の日」。在タイフランス大使館が、160年以上に及ぶタイとの友好の歴史を大使館内に展示し、一般入場者を受け入れる1年に1度の機会でした。以前は大使館として使われていたコロニアル様式の建物は、ベランダやダイニングの増築によって少しずつ形を変えていったそう。今でも大使叙任式や来賓を迎える際は、こちらの建物が使われています。
館内に一歩入ると、その豪華さに目を奪われます。応接室内に置かれた高価な家具の品々、まぶしいまでに輝くシャンデリア。テーブルの上には実際に使われているグラスやカトラリーが整然と並べられていました。タイとの友好関係を物語る、プミポン前国王とシリキット王妃の写真も展示されていましたよ。
今年は会期が終了しましたが、毎年公開されていますので、ぜひ来年は足を運んでみてください。

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」
    顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top