プンが行く!!
VOL.78:Lhong 1919

観光地として蘇った、かつての貿易港

11月3日に公開されたばかりの新名所「Lhong1919」。チャオプラヤー川沿いのクロンサン区内にあり、ラマ4世の統治時代(1851〜1868年)には貿易港として名を馳せました。当時はタイ、中国間貿易の黄金時代と言われましたが、社会の発展とともに貿易は廃れていきました。
今はとある中華系タイ人が土地を所有していますが、当時の様子を後世に伝えるため、観光スポットとして再生させたそう。改修は、当時描かれた壁画や建物の傷などをできるだけ残しながら進められました。敷地内ではタイと中国文化が融合した雰囲気を楽しめるだけでなく、レストランやカフェ、デザイナーたちによるグッズショップも出店しています。
チャオプラヤー・エクスプレスのサトーン船着き場、またはシー・プラヤ船着き場から無料のシャトルボートが出ていますので、ぜひ足を運んでみてください。

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top