プンが行く!!
VOL.85:Pipit Banglamphu

バンラムプー地区の昔の姿を留めた博物館

王族も住まう由緒正しい土地、ラッタナコーシン島。島を囲むバンラムプー運河沿いの、生活様式や文化を学べる「ピピット・バンラムプーミュージアム」をご紹介します。
同博物館は、タイで最初に作られた印刷所、「クルサパー印刷所」を再利用したもの。財務局が改修を行ない、2000年に芸術局によってタイ旧跡に登録されました。
館内は6つのエリアに分けられ、若き日のシリキット王妃の写真、バンラムプー運河の歴史、昔の印刷技術などが展示されています。あらゆる人が楽しめるようユニバーサル・デザインが採用されており、日本語をはじめ、中国語、フランス語など7カ国語で展示されているので外国人も充分楽しむことができますよ。
王宮を守るために作られたかつての防衛拠点「プラスメーン要塞」も近くにありますので、併せて足を運んでみてください。

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • オフィス構築、家具・文具販売
    100社あれば100通りのオフィスがある。「KOKUYO」が新たな働き方を提案。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top