プンが行く!!
VOL.87:タイ中央銀行の学習センター

紙幣の製造工程から歴史まで!“お金の博物館”

今月4日、タイ中央銀行(BOT)が“お金”に関する学習センターをオープン。タイで初めて紙幣を印刷したというクラシックなビルをリニューアルし、紙幣の歴史や当時の製造工程を一般公開しています。
エリアは大きく3つに分かれており、ひとつ目の「BOT博物館」では紙幣の印刷機や昔のデザイン、時代背景などを学びます。こちらはインストラクター同伴で、入場は1日6回のみ(厳重!)。案内は今のところタイ語だけですが、展示物は英語でも説明されています。2つ目は仮設展示場で、財務に関する展示を観覧。最後のエリアは世界経済、財務情報が収集できる図書館と、おしゃれなコワーキングスペースになっています。
併設のミュージアムショップにはオリジナルのトートバッグやカレンダーなどが販売されており、来館の記念品やお土産にピッタリ。一見の価値ある博物館ですよ♪

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「顧客の利益に貢献」 タイ製造業を支える屋台骨商社
    「顧客の利益に貢献」 タイ製造業を支える屋台骨商社

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top