VOL.34【日本で生まれた感動話】

ホットワードタイトル

日本で生まれた感動話

ある航空会社の男性パイロットが、14日フェイスブック(以下FB)に投稿した内容が注目を集めました。13日午後、バンコクから成田に着いたときに男性は国王の崩御を知り、会社は喪章を巻くようにと指示。14日、男性は喪章を付けるために、イオンモール成田店の手芸用品店「Pandora House」に向かい、黒い布1mを購入しました。年配の女性店員が「何に使うの?」と尋ねてきたものの、英語で説明しても伝わらなかったため、スマートフォンでプミポン国王の写真を見せたところ、突然その店員は涙ながらに「Sorry, Sorry」と哀悼の意を伝えたそうです。その後、店員は丁寧に布を裁断し、喪章を作成。その様子を男性がFBにアップしました。  この話が話題になると、タイ人のツーリストガイド、スパチャイ氏が同店を訪れ、店員の写真を撮影し、タイ人を代表して感謝の言葉を伝えました。

 

ホットワードフッター

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える
    「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top