VOL.50 3 in 1コーヒー 世界ブランド vs 東南アジア初

タイのコーヒーマーケットの2016年総売上は約200億バーツ。1人当たりの1年間のコーヒー消費量は、日本が約400杯に対し、タイは約200杯という調査結果も出ており、今後も成長が期待できるマーケットと言われています。その中で最も売上が高いのは「3 in 1」という、1袋にコーヒー・砂糖・ミルクが入っているインスタントコーヒーの分野で、約150億バーツの売上を占めています。 同市場の中で6割のシェアを占め、圧倒的1位となっているのが、世界的大手メーカー「Nescafé」。カフェやコーヒーメーカー機器を発売するなど、関連事業も展開しています。昨年はサンプル商品400万杯の無料提供キャンペーンを実施しました。 一方、2位はシンガポール生まれの「Super Coffee」。東南アジアで初めて3 in 1コーヒーを発売した会社で、18%のシェアを持っています。今後は新商品の開発のほか、中国への進出計画もあるとのこと。当面は、市場のシェア2割をキープすることを目標にしています。

PROFILE:Nescafé

1938年、スイスで設立。世界中180ヵ国に展開。タイではNestlé (Thai) Ltd.が運営。

PROFILE:Super Coffee

1987年、シンガポールで設立。タイではSCML (Thailand) Co., Ltd.が運営。東南アジアで初の3 in 1コーヒーを発売。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top