これからのオフィスの在り方
人々が求めるOFFICE
2022〜2023

2年以上続いてきたコロナ禍は前代未聞の社会状況をつくりだし、「会社で働く」という当たり前だった概念を大きくゆがめてしまいました。
在宅勤務をはじめとしたテレワークが普通のこととなり、オフィスで行われてきた打ち合わせや商談も画面越しに。
もしかしたら「もうオフィスは不要なのか?」といったオフィス不要論も唱えられるようになっていましたが、コロナ後の社会が見えつつある状況の中では、以前のようなオフィスでの仕事とテレワークの両輪で働くという考え方が一般的になりつつあるようです。
これから人々が求めているオフィスとはどんなイメージで、これからのオフィスの在り方とはどんなものになっていくのでしょうか。

これからのオフィスの在り方
そこに見えてくるものとは…

日本のある企業が行ったアンケート調査「ポストコロナに向けて重要視するキーワード」では、長かったコロナ禍の経験を経て新しい変化が見えてきているようです。

中でも「働き方改革」というキーワードに対する注目率が高く、ワークライフバランスなどを見つめ直す機会が到来しています。また、オフィスに関するキーワードとしては「オフィス改革」「セキュリティ」「コストダウン」などといった言葉が目立つようで、新しい働き方を考える上でオフィスは大切な要素の一つでしょう。

そこで今回は、「オフィス改革」「セキュリティ」「コストダウン」のキーワードを軸として、オフィスに関連する企業のスペシャリストの見解などを交えながら、最新情報と事例のいくつかを紹介していきます。

日系オフィスメーカーが唱える
「これからのオフィスの在り方」

気分は“Back to Office”
働く場所の新しい形へ

「もしかしたらオフィスが不要となってしまうのでは」。テレワークが浸透したことで報告や相談に、簡単な打ち合わせなどはオンラインで行われることが増え、「オフィスがなくても仕事ができるのではないか」と感じることが多くなってきました。しかし、コロナ禍が終わりつつある昨今、オフィスワーカーの間では「Back to Office」の気持ちがふつふつと湧き出している傾向があります。

その理由はいくつかありますが、代表的なものとしては「リアルなコミュニケーションが大切」という切実な思い。オフィスに行き、社内で人と交わることでモチベーションが上がり、仕事にも良い影響があるともいえるでしょう。オフィスは社員同士の心が繋がる場でもあり、なによりもその企業で働いているという意識を感じる場です。

ある案件に関するアイディアを絞り出すなど、一人で集中しなければならない仕事は在宅勤務やコワーキングで、出し合ったアイディアをみんなで練るリアルなミーティングはオフィス。そのようなスタイルが普通になっていき、オフィスは働く場所としての新しい形へ変わっていくのかもしれません。

これからのオフィスに求められるのは
リアルなコミュニケーションのための場所

従来のオフィスのイメージといえば、各自のデスクが規則的に並び、そこで黙々と働くというのが典型。オフィスワークとテレワークを並行させていくことが考えられる今後は、従来とは少し違う姿が求められてきています。

例えばデスクが大半を占めていたような空間だったところを、スタッフ同士が自由にコミュニケーションを取れる“場所”にする。そこではリアルなミーティングはもとより、ちょっとした談笑もできるようにするのが理想。また、休息時に少しだけ一人になりたい場合に必要なセパレートされた“落ち着きスペース”を使える場所もあり、フレキシブルでシンプルなオフィス空間が求められます。

トレンドに敏感なタイ人スタッフなどは、とにかく画一的でない、個性的でお洒落なオフィス空間を求めているようです。少人数での会議をリラックスした空気の中で行うことができ、リフレッシュしたくなった際に過ごせる空間もあるのが人気。コミュニケーションの場としてのオフィスに大きな期待を寄せているといえるでしょう。

従来まであった潜在観念を変え
仕事が楽しくなる空間を構築
省スペース化・コスト削減効果も

数十名のスタッフが整然とデスクを並べる大きな空間。それが中〜大規模企業のオフィスに見られる典型的なスタイルだといえるでしょう。ところが今、そんなオフィス空間の形に少しずつ変化が訪れています。

ある製造業関係の企業は数十名のデスクワーカーを抱える大所帯。大空間にモノトーンのデスクがずらっと整然に並ぶという典型的なオフィスだったが、劇的とも言えるような変化を遂げています。執務スペースはフリーアドレスではないもの、適度なディスタンスを保ったシンプルで軽やかなイメージ。無駄な物入れなどを省くことで、煩雑になりがちなプライベートスペースを快適な雰囲気としています。

また、パーテーションなどで空間の用途を仕切るのではなく、床面のサーフェスの意匠に変化をつけることで、休息スペースやミーティングスペースの独立感を確保。物理的に遮るものをなくして、大空間ならでは開放感と明るさを生かした演出が施されています。今後は、このような「出社したくなるオフィス」づくりが、少しずつ加速してくるでしょう。

 

新しい働き方を
レンタルオフィスが切り拓く

働き方の多様化を先取りする
Global Gatewayとしてのオフィス

コロナ禍がきっかけとなり、多くの人たちが「働く場所」と「働き方」についても考えるようになりました。特にテレワークが急速に普及したことで、働き方もドラスティックに変わりつつあり、仕事の自由度も増してきています。

そんな中、改めて注目されているのがシェアオフィスやレンタルオフィス。シェアオフィスの概念は、一般企業がサテライトオフィスとして設置する場合や、フリーランス、個人事業主といった人たちが利用する会員制オフィスの一形態。電源、WiFi、プリンターなどの設備やミーティングスペースなどを複数人でシェアするため、単独でオフィスを持つ場合に比較して大幅なコストセーブができます。

このようなメリットを利用して、バンコクを拠点にスタートアップや第二の創業に役立てようとする人たちが急速に増えているのも“今”です。バンコクをGlobal Gatewayとした新しい働き方を応援するのも、これからのレンタルオフィスだといえるでしょう。

オフィスの機能を広げる
シェアするという考え方

シェアオフィスとはその名の通り、会員がスペースをシェアして利用するオフィスのこと。レンタルオフィスとは少し異なり、オフィス内の自由な席で仕事をできるフリーアドレス形式での利用が一般的となっています。

「コワーキンスペース」という名もよく聞きますが、これもシェアオフィスと同じ。働くためのスペースをシェアしながら利用します。仕事をするための事務機器やネットワーク環境も整っていて、「そこにいれば仕事ができる」という便利な空間です。

ファシリティが充実していれば
使い方はアイディア次第

レンタルオフィスの多くが、快適に働ける場所としての機能を整えていて、極端な話「パソコンとスマホさえ持参すればOK!」。WiFi、電源、コピー機、ロッカー、自販機なども揃っています。また、個別のオフィススペースの他に、コワーキングスペースはもちろんのこと、フリースペースやイベントスペースのほか、会議室などを備えている施設もあるので、使い方は多種多様。セミナー開催や趣味の会合をしたりと、多彩なコミュニケーションの場として利用することができます。

女子会やワークショップなど
さまざまな活動拠点に

レンタルオフィスとしての利用はもちろん、イベントのセミナーやワークショップの会場としても利用できる施設もあります。各種のファシリティが揃っていれば、思い立ったタイミングで独自の会合も気軽に開催できるでしょう。

女子会などのプライベートな会合など、コミュニティ活動などにも上手に利用して、活動拠点の一つにするのもいいかもしれません。

安心して働くために欠かせない
オフィスのセキュリティ

常駐とオンラインのハイブリッド警備
先進のセキュリティ・サービス

コロナ禍対策の一環でテレワークやリモートワークが広まりましたが、全ての業務をテレワークやリモートワークへ移すことができないのも事実。特に設備面での働く環境が整っているオフィスはやはり重要な役割を担っています。

そんなオフィスを「安心して働ける場所」とし維持していくのに欠かせないものの一つがオフィスセキュリティ。不審者が立ち入るような心配がないことはもちろん、特に工場などでは不特定多数の来訪者から情報漏えい防止などの配慮も必要です。そこで、注目されるのがオフィスビルや工場の警備管理。このセキュリティ分野でもIT化が進み、警備員とスマホを使った「ハイブリッド警備」 による管理が注目されています。

警備員の勤務状況などをリアルタイム管理
警備状況を可視化

常駐している警備員の存在は安心材料の一つとなるものの、その勤務スタイルが完璧かというと、何かと不安があるという声も多い。勤務時間を守っているか、きちんと巡回しているかなどが不明で、それを管理するのもなかなか難しいものです。

そこで登場したのが、警備員配置とともにスマートフォンアプリを利用した「ハイブリッド警備」。アプリを使うことで、警備員の業務内容をタイムリーに把握し、警備状況などを可視化できるサービスを実現しました。

ハイブリッド警備の機能

  1. 顔認証による出退勤管理(遠隔での監視が可能)
  2. QRコードを使用した巡回(巡回結果をメール・専用アプリで報告可能)
  3. 緊急時の一斉報告(緊急案件をメール・専用アプリで報告可能)

 

THAI SECOM SECURITY CO., LTD.
電話 02-685-3996
WEBサイト https://www.secom.co.th/en

 

オフィス運営のコスト削減に貢献する
先進のサービス

携帯電話回線の法人契約で
月額料金などを最適化

オフィス運営にはさまざまなコストが伴うもの。その中でも携帯電話に関しては、コストのみならず管理面でも何かと手間がかかるものです。そこで、携帯電話回線を法人契約することでコスト削減する方法もあります。

  1. マルチキャリアMVNOで月額料金の最適化

    会社の方針に沿って、「価格重視」なのか「品質重視」なのか「オプション重視」なのかなどをヒアリングの上、会社のニーズや業態に合わせた最適な料金プランを組み立ててくれます。

  2. 同一キャリア間通話無料

    法人で一括契約すれば、社内の同一キャリアを利用している回線との通話が無料になります。

  3. 万が一の盗難や紛失をカバーするサービスが無料で申込可能

    端末紛失・盗難時のリモートロックワイプに24時間対応するサービスに無料で申し込むことが可能です。

書類や備品の保管コスト削減を実現する
先進のクラウドサービス

徐々にペーパーレス化が進んでいるオフィスといえど、どうしても書類として残しておかなければならないものがあるものです。そんなかさばる書類などを預けておける宅配型のセルフストレージサービスが登場しました。セキュリティ面における信頼性も確かなので、採用する企業も増えています。

  1. 書類の見える化を実現

    社内で保管している書類を預ける事で、急な税務・監査対応で特定のファイルだけを取り出したい、というニーズに対応。ファイルごとと、箱ごとにマイページから預入れアイテムを確認でき、即座に取出せます。

  2. 書類保管期間の終了時にはセキュアに廃棄

    保管期限が完了した書類や、ドキュメントをセキュアに廃棄ができるオプションも用意。廃棄時には、廃棄処理業者 のCertificateを発行してくれます。

  3. 書類や段ボールの預け入れ、取り出しがオンラインで完結

    PCやスマホから見積や預け入れはもちろん、取り出しの依頼が簡単に行えます。わざわざストレージまで出向く必要がなくなるので、運用工数の大幅削減が期待できます。

預け入れの流れ

取り出しの流れ

 

コピー複合機と出力管理ソフトの組み合わせで
印刷と紙のコスト削減に貢献

コピー複合機からデータを各種クラウドサービスへ送信
コスト削減はもちろん情報共有や業務効率の向上も

オフィスに必ず設置されていると言ってもいいコピー複合機。それを専用ソフトと組み合わせることで、安全で安心な各種クラウドサービスのゲートウェイにすることが可能。印刷管理をすることで紙のコストを削減できるのと同時に、スキャン機能、ファクス転送、情報漏洩リスクの低減、多彩な印刷機能を通じた生産性の向上など、これからのオフィスの在り方に貢献します。

  1. 生産性の向上

    クラウドサービスへの直接送信を実現する「スキャン機能」。コピー複合機から各種クラウドサービスに直接送信することができ、スムーズな情報共有や業務効率の向上を支援します。

    さらに、スキャンだけでなくクラウドサービス上に保存されている書類を複合機の操作画面から直接印刷することが可能です。
    また、モバイル印刷 (スマホやタブレットから直接印刷)も可能です。

  2. セキュリティ強化

    既存のユーザーアカウントを有効活用し、外部クラウドサービスへのシングルサインオンを実現。複数の認証方式に対応し、アカウント管理の手間が削減できます。

    また専用ソフトを使うことで、複合機から各種クラウドサービスに直接送信することが可能。PCや社内のデータサーバーを経由せずに直接クラウドサービスにアップするため、情報漏えいのリスクを軽減できます。

  3. 印刷コスト削減

    複合機を選ばない出力環境を実現。専用ソフトに登録されている複合機であれば、どの複合機からでも出力が可能です。例えば、いつも使用している複合機が混雑していても、別の複合機から出力することで、待ち時間が不要となり業務効率が向上します。

    また、印刷したいファイルを指定のEメールアドレス宛に送るだけで簡単に印刷。登録ユーザーだけでなく、会社に訪問した社外の人などの急な印刷要求にも対応できます。

 

CANON MARKETING THAILAND CO., LTD.
電話 02-344-9999
WEBサイト https://th.canon/

トイレ関連設備を始め
日本品質のリノベーションを実現

日本式の施工管理で高品質・保証
自宅のオフィス化などのリフォームも

オフィスのリフォームで気になることは、採用される設備の品質や施工のクオリティ。そんな心配にも、日本式の施工管理体制で「スケジュール厳守、現場清掃、高品質、保証」を実現してくれる会社があります。コロナ後を見据えて、自宅をオフィス化したり、消毒、抗菌コートなどのリフォームにも対応してくれるので、日本品質のリノベーションなら安心だと言えるでしょう。

日本式リノベーションとは

 

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る