タイに住む日本人に朗報!日本での買い物が免税対象に!?

2014年10月1日から日本の税制度の改正をうけて
一時帰国の買物がすべて免税対象に?!

本来はタイで話題の情報をお伝えするコーナーであるが、今回は番外編として、海外居住者にうれしい日本の免税制度改正について紹介したい。これから年末年始のホリデーシーズンにあわせ一時帰国する人は、ぜひ上手に利用してほしい。
日本では「輸入物品販売場制度」の改正が行われ、家電製品や鞄、服などに加え、食品・飲料、化粧品、薬品を含めた消耗品も免税対象になった。外国人旅行者の誘致を狙ったものではあるが、一時帰国の日本人でもこれを利用できる。そもそも、日本人であっても、海外在住を証明できるビザやIDがあり、一時的に日本に入国し滞在期間が6ヵ月未満で出国すれば、免税販売の対象となる“非居住者”に該当するのだ。
国税庁のホームページによると、食品、飲料、薬品、化粧品、その他の消耗品について、同一店舗における1日の購入額の合計が、5,000円以上50万円以下であれば、免税対象になるという。従来から免税対象になっていた家電製品や鞄、服などの品目については、1日1店舗あたり1万円以上の購入が対象となり、これまでと変更はない。

免税の手続きは①レシートとパスポートを免税カウンターに提示し、購入記録票の貼り付けを受け、割印を押してもらう。②「消耗品を購入した日から30日以内に輸出する旨を誓約する書類」を提出する。③免税品として購入した商品は日本国内で使用できないため、指定された包装方法で袋または箱に入れられる。なお、購入した商品を日本国内で開封すると、消費税を徴収されるようだ。

実際に日本へ帰国した際、銀座の某デパートで贈答品の洋菓子を購入してみた。まず、免税カウンターでパスポートとレシートを提示し、商品を確認。そして書類に署名をするだけで税金分が現金で返金された。店員に機内持ち込みにしないといけないのかを確認すると「預けることもできる」という。さすが、一流デパートだけあってスムーズな対応だった。

ただし、ほとんどの店は外国人を対象にした免税を大きくうたっており、日本人も対象になることを把握していない場合があるため、買物をする際は事前に確認することをおすすめする。

 

関連記事

  1. タイ人は世界一不埒な恋人?

  2. ボランティアとゴミ問題

  3. 行き過ぎた歓迎行事

  4. 日タイ戦をタイ人と観戦

  5. タイの大学新入生歓迎会

  6. HIV感染をセルフチェック

  7. STOP! 乗車拒否

  8. 「WiSE BUSINESS BKK 2016」発行

  9. 同性婚が認められる日

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP