熱を帯びるバンコク近郊不動産

不動産投資ブームに伴うコンドミニアムの建設ラッシュ
特にバンコクから離れたエリアに注目が集まっている

建設ラッシュに湧くタイ。不動産市場は活況を呈し、近年では都心のみならず、バンコクから車で1時間以内に位置する郊外でも不動産投資が人気だ。
多くのコンドミニアムが建設され、特にバンスー〜バンヤイ近郊では、2015年には総数3.5万ユニットに上るとされ、成長著しい。

2011年〜2014年で不動産販売数が最も多いのは、ティワーノン駅、ノンタブリー公共施設センター駅、シーポンサワン駅。現在まで約9200ユニットが販売され、価格は1ユニットあたり200万バーツ、1㎡あたり6.3万バーツとなる。ノンタブリー県の地価は、年間で2〜5%ずつ上昇しているという。

政府によるBTS、MRTの延伸計画が始まってから、不動産市場はさらに活発化した。低所得者層向け物件を専門に取り扱う「タイ住宅公社」のグリサダー・ラクサーグン氏は、MRTとの共同出資で、延伸先の周辺に「低所得者層向け住宅」を建設すると発表。
パープルライン(バーンパイ駅〜タオプーン駅)、グリーンライン(モーチット駅〜サパーンマイ駅)、ピンクライン(ケーライ駅〜ミンブリー駅)、オレンジライン(タリンチャン駅〜ミンブリー駅)周辺で7つのプロジェクトを計画し、近くにはコミュニティモールも併設する予定。これらはユニット数、価格などを検証し、今年度末には、タイ国家平和秩序維持評議会へ提案する。

また、チャオプラヤー川沿いのバーンポー駅、バーンオー駅周辺では、サイアムパラゴン、サイアムディスカバリーなどを運営するサイアムピワット社らによる「アイコン・サイアム」の建設をはじめ、多くの大型プロジェクトが進んでいる。
同エリアでは、今年上半期でコンドミニアムの価格が44%上昇し、1㎡あたり平均6.5万バーツの販売価格となった。2014年内には5250ユニット、2年後には1万5600ユニットを増設する予定だ。

現在、タイは空前の不動産投資ブーム。外国人(日本人)のローン購入や法人名義の購入が可能となり、売買の敷居は下がった。
最新の情報は、タイの不動産エージェンシー会社「コリアーズ・インターナショナル・タイランド」のウェブサイト(タイ・英語)からでも確認することができる。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP