狂犬病対策でペット課税?

政府は16日、無料で狂犬病ワクチンを実施

 

現在、タイで猛威をふるう狂犬病。
撲滅のため、政府が提案した対策とは―

 

19日、ブリーラム県で14歳の少女が狂犬病により命を落とした。今年に入り、狂犬病感染で亡くなったのは計6人。前年同期比の約2倍にも上る感染被害が報告され、国内ではさまざまな動きが出ている。

中でもテレビの討論会を筆頭に、感染源撲滅のために野良犬を安楽死させる“SET ZERO”が話題に。しかし、バンコク首都圏庁のベンチャワン氏は「SET ZEROを実施したとしても、根本的解決には至らない」と一言。それもそのはず。政府は約50年前に実施したが、失敗に終わっていた。

その後、政府は動物愛護のため、犬・猫へのマイクロチップ装着を呼び掛け。現在、バンコク都内では計7000匹ほどの登録があるという。他にも、各地に野良犬の終身保護施設を設けるなどの政策を行っている。

にも関わらず、今回の狂犬病猛威。タイ保健省のジェサダー次官の「飼い主への意識付けのためにも、ペット先進国のようにペット課税を導入すべきだ」という発言を受け、首都圏庁のアサウィン知事は「同案に賛成。導入を検討している」と発表。税徴収のための、明確な手続きや規制を検証しているという。

昨今、バンコクを中心にペットブームが熱いタイでは、動物病院やペットショップなどのペットビジネスが拡大し、ペット環境も過渡期に突入。国民からは賛否両論の声が挙がっているが、まずはワクチン接種の徹底。そして、ペットに対するモラルの在り方を、今一度考える時ではないだろうか。

関連記事

  1. タイの一日最低賃金、引き上げか!?

  2. もうすぐタイの”子どもの日”。連れて行きたいスポット4選

  3. バリアフリー化は何処へ

  4. 東南アジアの麻薬王、逮捕

  5. 2014年、タイローカル“裏10大ニュース”

  6. ギャンブルに対して厳しい国タイ。でも中学校は“くじ引き入試”?

  7. バンコクのバス新構想

  8. 複雑に絡み合う電線を地中化

  9. アジア初、タイ人女児の脳を冷凍保存

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP