タイ北部チェンライ県で飲める!象から排出される最高級のコーヒー

1㎏9万5000円する最高級コーヒー。
それが象のフンから採れるというが、果たしてどんなものなのか?

タイの北部チェンライ県にある「アナンタラ・ ゴールデン・トライアングル・リゾート&スパ」では、象によって“自然加工”されたコーヒー「ブラック・アイヴォリー・コーヒー」を飲むことができる。

生産までの工程は、コーヒー豆を含んだエサを象が食べ、排出されたフンの中からゾウ使いがコーヒー豆を回収し、日干しにするというシンプルなもの。象の胃を通過する途中、酵素によりコーヒー豆のタンパク質を分解。苦みの主な原因の一つであるタンパク質が中和されることで、ほとんど苦みがなくなるというわけである。

生産場所は、高級ホテルグループ「アナンタラ」が運営するゾウ保護センター。30頭のゾウ、ゾウ使いがその家族と共に暮らしているという。
ちなみにコーヒー豆は、標高1500mで採取される最高級のアラビカ豆を使用している。

この奇跡的な味の誕生は、インドのコーヒー栽培農家での偶然の発見がきっかけだった。ある日、主人が、プラントに潜り込んできた象がコーヒー豆を食べているのを目撃。幻のコーヒーといわれている「コピルアック」がジャコウネコのフンから採取され、高値で取引されているということを知っていた主人は、どうにか同じことができないものかと考え、実際に象のフンから採取したコーヒー豆を焙煎して飲んでみたところ、香り、味ともに抜群の品質だったという。

アメリカのニュースサイト「ハフィントン・ポスト」によれば、値段は今のところ1㌔当たり1100ドル。「About.com」では、1杯あたり50ドル(約4000円)とおよそ一般人では手の出ない金額となっている。前述したチェンライ県のホテルでは、この手間ひまかけたコーヒーを、鮮度を保つため一杯いっぱい焙煎してから、サイフォンで抽出してくれるとのこと。

これらのコーヒーの収益の8%が象の保護活動に使われており、絶滅の危機や高齢化にさらされる象にとって、一筋の光明になることを願いたい。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 最新テクノロジーが支える 金属熱処理のエキスパート
    最新テクノロジーが支える 金属熱処理のエキスパート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top