アイドルを脅かす、人権侵害

個人情報、わいせつ画 像、ストーカー行為…
ファンなら何でも許されるのか?

 日本のトップアイドル「AKB48」の姉妹グループとして、タイでブレイク中の「BNK48」。その人気が加熱する一方で、過激な行動に出るファンも少なくない。あるFacebookファンページでは、キャプテン・チャープランさんをわいせつ加工した画像が投稿されるなど、人権侵害に関わる問題が相次いでいる。

 今月21日には、メンバーの自宅コンドミニアムの名前、最寄駅、部屋の価格が書き込まれ、さらには「BNK48のメンバーがこのコンドミニアムに引っ越してきた。近くに住みたい人は、完売する前に購入を」と煽った。この投稿を見たファンは「アイドルも普通の人。個人情報を公開するのは人権侵害だ」「中には未成年の子もいる。この状況は危険だ」といった激しい抗議のコメントが殺到。一時、炎上騒ぎとなった。

 しかし同ページの管理者は、「メンバーが危険に晒されるのは、所属事務所のセキュリティが甘いせい。BNK48のモットー“Idol You Can Meet”は、どこでも会えることではないのか」と反省する様子はない。

 同ページは以前からファンの警告を受けていたが、管理者はそれを無視して投稿を継続。昨年12月、BNK48の所属事務所とチャープランさんが、タイのサイバー犯罪捜査官(TCSD)に告発。画像は削除されたが、管理者は未だ捕まっておらず。日本の二の舞いにならないよう、まずは事務所が徹底して、彼女たちの安全を守ることが先決だ。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • シンプルに。正確に。新たな視点で在庫を管理する クラウド型倉庫管理システム「LogizardZERO」
    シンプルに。正確に。新たな視点で在庫を管理する クラウド型倉庫管理システム「LogizardZERO」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top