#SaveHakeem

タイ当局が難民サッカー選手を拘束。
母国に強制送還なら命の危険も…

昨年11月、新婚旅行でタイを訪れたサッカー選手が、スワンナプーム国際空港で逮捕された。罪状は「公共物損壊」。同選手には難民認定を受けた背景があり、母国への強制送還が物議を醸している。

逮捕されたのは、豪州パスコー・ベールFC所属のハキーム・アリ・アラライビ選手とその妻。バーレーン出身の同選手は、「アラブの春」で家族の政治活動を理由に逮捕された。また否認しているが、2014年には前述の損壊罪で禁錮10年を言い渡され、難民として豪州に移住。バーレーン当局の要請によりインターポールに指名手配されていた。

同選手は4日、都内で強制送還を拒否する意思を改めて表明。再び釈放申請を行うという。また、豪州政府や国際サッカー連盟はタイ政府に対し、早期釈放と豪州への安全な帰還措置を要請している。

人権団体は、すでに釈放され、豪州に帰国した妻の手紙を公開。そこには「夫は初めて外国を訪れたが、こんな目に遭うとは悪夢のようだ。無事に豪州に帰してほしい」と強制送還を案ずる心情が綴られていた。

これらを受け、タイのドーン外務大臣は「送還を要求するバーレーンと豪州による司法手続きに委ねる。タイ政府はその判断に従う」とコメント。ツイッター上には傍観すべきでないと批判の声が寄せられた。一方で、タイ政府に落ち度はないという意思表明「#SaveThailand」がトレンド1位にランクインし、世論が二分。いずれにせよ、同選手の身の安全と平和的な解決が望まれる。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP