タイの裏口入学

タイの裏口入学

タイの教育現場で賄賂や汚職が常態化しているという。タイ人に聞くと「昔から問題視されていますが、多発し過ぎて気にしていない」と現状を肯定する。そんな中、国家汚職防止委員会(NCCC)は、このほど教育現場の賄賂撲滅に関する政策を内閣へ提出。それを受けたタイ基礎教育委員会は、2019年度の高校入学に関する新たな募集条件を発表したが、それが正常化には程遠い内容だった。

NCCCは「いかなる場合でも賄賂を受け取ってはならない」と全面的な禁止を求めたが、同委員会は「一部は受け入れるが、残りはタイの昔からの風習もあるため承認出来ない」というのだ。承認した条件は、受験で合格点に届かなかった学生、学校に寄付している親を持つ学生、協力関係にある学校の学生の3点。これらに関しては、賄賂を受け取らないという。

一方で、「学校職員や関係者、学校への寄贈者に対して、金品の見返りに便宜を図ること」に関しては、“受け入れられない”として、禁止にもしないと言うから、もはや空いた口が塞がらない。そんなタイの教育事情を切り取ったのが、 17年にタイ国内映画として年間興行収入第1位を記録した映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』だ。タイの不透明で不公平な教育システム、賄賂問題を背景に、受験生がカンニングするという内容だった。国が違えば、習慣は異なるもの。だが、映画化の時点で、世論は正否を下していたのではないだろうか。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP