「自殺大国」にSTOP!

1週間で6人ものタイ人大学生が飛び降りた今は、一年で最も自殺が多い時期だというが…

3、4月と言えば、日本では桜舞い散る陽気な春。その訪れを心待ちにする人も少なくないだろう。一方、ここタイでは茹だるような暑さのせいか、自殺者が急増する。2月28日〜3月6日の短期間で、チュラロンコーンなど名門大学に通う6人の学生が自殺するというショッキングなニュースが世間を騒がせた。

精神衛生局の調査によると、自殺は若年層の死亡原因の2位を占める。全体では2012〜17年の5年間で延べ53万人が自殺を図り、4000人が死亡した。また、16年にはASEAN第1位の自殺率を記録し、深刻な社会問題になっている。

同局では薬物中毒や有病者など、6つの区分に分け原因を調査。中でも圧倒的なのが、精神疾患だという。また、世代的には30〜50代の中高年が、県別には北部のメーホンソーン県が多いことも判明した。

同局のキャーティプーム局長は18日、この「自殺社会」に歯止めをかけるべく、全国の医師らと電話で会談。保健省の協力の元、防止対策を強化するとした。具体的には、対象者に動機などを問う「8Q」と呼ばれる調査を実施。予兆があると診断された場合、精神科医などの専門家が24〜72時間に渡り経過を観察し、心のケアにあたる。また、4月中に国内50の大学と自殺防止のための覚書を交わす予定だという。

さらに報道が起爆剤となることを懸念し、メディアに対しても提言。こうした対策が功を奏し、一人でも多くの人が救われることを望むばかりだ。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP