「自殺大国」にSTOP!

1週間で6人ものタイ人大学生が飛び降りた今は、一年で最も自殺が多い時期だというが…

3、4月と言えば、日本では桜舞い散る陽気な春。その訪れを心待ちにする人も少なくないだろう。一方、ここタイでは茹だるような暑さのせいか、自殺者が急増する。2月28日〜3月6日の短期間で、チュラロンコーンなど名門大学に通う6人の学生が自殺するというショッキングなニュースが世間を騒がせた。

精神衛生局の調査によると、自殺は若年層の死亡原因の2位を占める。全体では2012〜17年の5年間で延べ53万人が自殺を図り、4000人が死亡した。また、16年にはASEAN第1位の自殺率を記録し、深刻な社会問題になっている。

同局では薬物中毒や有病者など、6つの区分に分け原因を調査。中でも圧倒的なのが、精神疾患だという。また、世代的には30〜50代の中高年が、県別には北部のメーホンソーン県が多いことも判明した。

同局のキャーティプーム局長は18日、この「自殺社会」に歯止めをかけるべく、全国の医師らと電話で会談。保健省の協力の元、防止対策を強化するとした。具体的には、対象者に動機などを問う「8Q」と呼ばれる調査を実施。予兆があると診断された場合、精神科医などの専門家が24〜72時間に渡り経過を観察し、心のケアにあたる。また、4月中に国内50の大学と自殺防止のための覚書を交わす予定だという。

さらに報道が起爆剤となることを懸念し、メディアに対しても提言。こうした対策が功を奏し、一人でも多くの人が救われることを望むばかりだ。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える
    「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top