選挙の珍事と不正疑惑

8年ぶりに実施された総選挙関心が高いだけに、さまざまなトピックが話題に

3月24日、8年ぶりに実施された総選挙は、タイ全土で約3377万人が投票。投票率は74.69%と予想より低い結果だったが、SNSでは選挙関連の話題が続々と投稿され、国民の関心の高さがうかがえた。

選挙当日の朝、ストゥーン県では、ワリサラーさん(20)がイスラム教の花嫁衣装を着たままで投票したことが話題に。「結婚式と重なったが、自身にとって初の選挙なのでどうしても投票したかった」と理由を述べた。また同県では、2017年にタイ国籍を取得した山岳民族の「サカエ」が初の投票に挑んだ。投票所までは徒歩で片道3時間の道のりだ。投票所に到着したのは投票時間終了の30分前。同民族は現在、全9世帯39人で生活。このうち有権者は17人という。この日は狩りに出かけた村人7人以外の10人が無事に初投票を終えることができた。

一方、選挙管理委員会のずさんな運営にも批判は広がった。ある女性が投票者名簿に、23年前に亡くなった自身の祖母の名前を見つけた他、投票権のない7歳の子どもの名前も載っていたという。

さらに、投票者数と総投票数が合わない、期日内に在外投票用紙が届いていたにも関わらず、選挙管理委員会が確認を怠り無効とされるといった問題も発生。同委員会は「断じて不正はない。名簿の誤りについては調査中」と歯切れの悪いコメントをしているが、真相や如何に…。仮に真実なら、選挙そのものの公平性が疑われることは免れない。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP