“迷惑な人”を見せしめに

今年も各地で盛り上がったソンクラン
泥酔、セクハラや暴行などを一刀両断

ソンクランの時期には、水鉄砲を装備した人々が水をかけ合い、お祝いムードで陽気な人たちで溢れる。そんな中、プロサッカーチーム「ブリーラム・ユナイテッド」主催のイベントでは、羽目を外しすぎの“迷惑行為”に対し、一風変わった方法で制裁を加え話題になった。

同イベントはブリーラム県で13〜14日に開催され、文化的なパレードや有名人によるライブなどを目当てに集まった若者で賑わった。

中でも注目を集めたのは、酒に酔って暴れる、セクハラをするなどして迷惑をかけた若者に対する2つの「お仕置き」ゲーム。特設の装置に加害者を座らせ、そこにボールを命中させて水の入ったドラム缶に落とす「ナクレーン・トックナーム」。5バーツで2球投げられるシステム。

もう一つは、暴れた若者をムエタイで戦わせる「サーンマオ・アオブン」。出場者は1万バーツの罰金を支払わされ、拒否すると2万バーツが課せられた。徴収金は同県内で白内障患者に寄付されるという。

同チームのネーウィン会長は、自身のフェイスブックでこれらの”見せしめショー”をライブ配信した。イベント終了後の15日、同会長は「55万人以上が訪れた大規模なイベントでしたが、”予防策”のおかげで、大きな事件が起こることはありませんでした。楽しんで頂けて何よりです」と投稿。これに対し、イベント開催への感謝の言葉と共に、「ソンクランを祝うなら、このイベントが一番安全だ」と讃えるコメントが殺到した。

関連記事

  1. タイで邦人男性のSNSが炎上!その内容とは?

  2. アジア初、タイ人女児の脳を冷凍保存

  3. 罪を問われない金持ち

  4. 日タイ戦をタイ人と観戦

  5. 誘拐から子どもを守れ!

  6. タイの一日最低賃金、引き上げか!?

  7. 公立学校の授業を短縮

  8. タイの裏口入学

  9. タイの歴史を変えた日

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP