2020年に期待を寄せて

4年に一度のスポーツの祭典をはじめ、
今年もタイは賑やかな一年になりそうだ!

いよいよ2020年の幕が開けた。

今年はどんな一年になるのだろうか。

嬉しいニュースも予期せぬ事件や事故も、きっとさまざまなドラマが待ち受てけいるに違いない。

中でも、ワイズ編集部注目のトピックを紹介したい。

今年最大の関心事と言えば、日本を舞台に繰り広げられる「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をおいて他にない。すでに新生・国立競技場(オリンピックスタジアム)で7月24日に行われる開会式に向けてカウントダウンが始まり、全国47都道府県を走る聖火ランナーも発表。

その日に向けて着々と準備が進む。

五輪に関連してタイ国内で関心を集めるのが、2019年7月より西野朗監督が指揮をとるサッカー代表だ。

同チームは今月8日よりバンコクなどで開催される「AFC U-23選手権タイ2020」に出場。上位3チーム(日本を除く)に食い込めば五輪への切符を手にできる。

また世界ランキング14位、悲願の初出場を狙うバレーボール女子代表にも期待が寄せられる。産業に目を向けると、7月には遂に第5世代移動通信システム(5G)が導入されるという。

これにはVRやARを通じて多くの業界が恩恵を受けることになり、社会を支える仕組みや構造にも大きな変化が生まれるだろう。

さらにバンコクではBTSやMRTの延伸に加え、「ICONSIAM」に直結する新モノレール「ゴールドライン」が開業予定。

これにより人の流れも変わり、都市開発は新たなステージへと移行する。

ほんの一瞬でも、その進化の過程を肌で感じられると思うと、今から期待で胸が高鳴ってしまう。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • オフィス構築、家具・文具販売
    100社あれば100通りのオフィスがある。「KOKUYO」が新たな働き方を提案。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top