今年の年末はどこへ行こう?

カウントダウンで楽しく年を越す?
拝礼イベントで心を洗うのも一興か

今年も残すところあとわずか。

もともと仏教徒の多いタイでは、寺院でお祈りをしながら年越しするのが慣例だ。

ただ、最近はイルミネーションやカウントダウンイベントなどが増え、寺院以外で新年を祝う人も多いという。

今年も各地で歳末セールやイルミネーションが目立ち始めた。

さて、今回の年末年始はどう過ごそう?
都内でカウントダウンイベントに参加するなら、「セントラルワールド」か。

今年は約4000発の花火が打ち上がり、31日夜から翌日までノリの良い音楽で踊り明かせる。

「ICONSIAM」も捨てがたい。

1400mの花火ショーを開催する他、タイの有名タレント「ナデート氏」がイベントに参加するという。

「アジアティーク」では大手ビールメーカーのタイ・ビバレッジが主催する大型音楽イベント「Chang Music Connection presents Asiatique Thailand Countdown 2020」が31日夜5時から開催されるようだ。

バンコク以外のイベントに足を運んでみるのも良い。

パタヤでは29日〜来年1日、タイの有名バンドが参加する「MONO29 PATTAYA COUNTDOWN 2020」が開かれる。

バリハイ・ベイの夜空に輝く花火も見てみたい。

原点回帰するのも一手か。

王宮前広場では都内最大の礼拝イベントが催される。

夜6時にコーンをはじめとする伝統演劇を見た後、夜8時から祈りを捧げ始める。

夜0時にはキャンドルを手に新年を祝い、翌朝7時は新年初のタンブンを実施するようだ。

どの過ごし方も魅力的。

年末までに決めておきたい。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 最新テクノロジーが支える 金属熱処理のエキスパート
    最新テクノロジーが支える金属熱処理のエキスパート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top