「単なるセールスマンである前に、高い技術力を持ったセールスエンジニアであれ」が社是。タイ法人の従業員に対しても常に求めている

さらなる高性能・高付加価値を追求
METALEXでは最高の提案を

顧客とともに切磋琢磨し、技術の向上と前進を常に求める。それが「山田マシンツール」流。2009年に進出したタイ市場でもDNAは変わることなく、高付加価値の追求を事業の柱としている。最近の取り組み等について話を聞いた。

バンコク東郊BITECで11月に開催される展示会「METALEX2015」。通算8回目の出展となる同社だが、今年にかける意気込みは格別だ。「工作機械に付属するクーラント・ユニットを出展します」と山田晴久社長。エレメント不要フィルターやオイルスキマーを採用した高性能ユニットで、ランニングコストの低減を現。また、メンテナンス作業の軽減も可能にする。
昨年までの展示会では、一つひとつは秀逸ながらも、個別の展示に留まっていた。「自分達らしくないな、と。全部組み合わせることで最高の生産環境を提案・表現できないかと考え、今年はユニットでの展示としました」と山田社長は狙いを語る。組み込むツールや部品は、日本や欧州などから最高のものを取り揃えた。「ウチは安かろう悪かろうは一切使わない。ピンのものだけです」とも。
METALEXでのブース番号は「A12」。HALL101から入って右側の中ほどにある。クーラント・ユニットのほかにも、主力事業の刻印機「ファイバー・レーザー・マーキング・ユニット」を初お目見えさせる意向だ。金属や樹脂の表面に負荷を掛けずに文字を書き込む装置。最近、市場からの引き合いが増えてきたというが、相談から開発、設計、据え付けまで〝一気通貫〞で対応できるのはタイでは同社のみ。独壇場の今、一気に市場への浸透を図るというのが基本戦略でもある。「展示したいものが多く、来年はブースを拡張しようと考えているんですよ」と山田社長は闘志を燃やす。
今年になって本格販売を開始した「強アルカリイオン水生成装置」を組み込んだ「超音波ユニット」も出展させる計画だ。洗浄効果が極めて高い強アルカリイオン水と超音波という最強の組み合わせ。ブース内ではデモンストレーションを実施して、来場客にその効果のほどを知ってもらう考えだ。「ご自身の目で見て、体感してみてください」と販売担当の内谷貴幸ゼネラル・セールス・マネージャーは語る。
強アルカリイオン水をめぐっては、次々と新たな効用が判明してきた。洗浄力に加えて、高い防錆効果。例えば、自動車の下回りに使うパーツの洗浄に使えば、錆を抑えた上、塗装やコーティングの密着性が高まる。加工液として使えば、工具とクーラントの寿命が飛躍的に向上し、大幅にコストを削減できる。「強いリーダーシップを持った顧客とともに、これからも良いものを追い求めていきたい」
こうした新しい発見を、ビジネスチャンスにつなげたいと山田社長は考える。

  • 「ユーザーにとって差別化の鍵となるような商材を取り揃えています。顧客が直面する『生産性の壁』を一緒に打破したい」と山田社長(右)

COMPANY PROFILE

会社名 YAMADA MACHINE TOOL (THAILAND) CO., LTD.
ヤマダマシンツール(タイランド)
ロゴ
代表者 山田晴久
事業内容 工作機械周辺機器の輸入販売及び刻印機等の輸入販売
設立年 2009年
TEL 038-743-278~9/081-702-5444(内谷)
住所 506 Moo 5, Soi Thetsaban Klongtamru 12, Klongtamru, Muang, Chonburi 20000
本社 東京都
URL http://www.ymtt.co.th
E-mail sales@ymtt.co.th

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る