C.C. KENDENSHA CO., LTD.

目詰まりしない排水処理機で
タイのマーケットを席巻

島根県出雲市に本社を置く「研電社」は、目詰まりしない固液分離装置を筆頭にして、多岐にわたる排水処理機を開発・販売する排水処理システムのエキスパートだ。

2015年には、タイでの販売子会社「C.C. KENDENSHA」を設立。共同出資者で部品メーカーの「C.C. Autopart」に排水処理機の製造を委託して、タイでの現地製造を展開。競合する日系企業の排水処理機よりも大きなコストメリットを実現している。

「多くの場合、日本からタイへ製品を輸出していますが、当社では輸出にかかる費用や関税などがかかりません。中には初期費用が3分の1程度まで下がることもあります」と語るのは石飛稔プレジデント。

同社が得意とする製品の一つが固液分離装置「スリットセーバー」。排水内の固形物を取り除く機械で、固形物が混ざった排水を1mmのスリットを通すことで水分と固形物に分離する。特許技術が採用され、セルフクリーニングしながら排水処理を行うため、目詰まりしないということが大きな特徴になっている。また、微細な粒子まで取り除く汚濁水浄水化処理システム「クリーンセーバー」も、さまざまな製造業の現場で高い評価を獲得。

さらに、同社はタイ現地でアフタフォローやメンテナンスなどのサービスを提供。さまざまな製造現場に実際に足を運び、専門家ならではの技術的サポートを行っているのも、大きなアドバンテージになっている。

  • 微細な粒子が混入した液体を、凝集剤を用いて分離可能なフロックに。その後「スリットセーバー」にかけることで排水内の固形物を分離・脱水するシステム。

COMPANY PROFILE

会社名
ロゴ
代表者 石飛 稔
事業内容 固液分離装置や汚濁水浄水化処理システムの設計、販売、整備など
設立年 2015年
TEL 02-114-8165
住所 29 Moo 8, Saladaeng 11 Rd., Saladaeng, Bangnampreow, Chachoengsao 24000
本社 島根県
URL https://www.kendensha.co.jp/
E-mail m-ishitobi@kendensha.co.jp

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る