爽やかな日立カラーが、今後ますますAEC域内を駆け抜けるだろう

爽やかな日立カラーが、今後ますますAEC域内を駆け抜けるだろう

3PLのパイオニア 新サービス「クロスボーダー輸送」開始

 荷主企業が第三者に物流業務全体を委託するアウトソーシングサービス「3PL(サードパーティロジスティクス)」で、日本国内トップシェアを誇る日立物流。2011年、自動車部品物流をグローバル展開するバンテックを完全子会社化。同時に、タイではローカル物流企業のエタニティ・グランド・ロジスティクスを傘下に加え、同国での陸送・倉庫事業の強化を図った。16年には佐川急便の持株会社SGホールディングスと資本・業務提携を果たし、空・陸・海路のクロスボーダー混載輸送サービスを本格的にスタートさせた。
 5月からは、ミャンマー・ヤンゴンとタイ・バンコクを陸路で結び、さらにタイと日本、中国を海路でつなぐ複合物流サービスも開始。従来の海路のみを利用した輸送に比べ、リードタイムは半分の30日。中国からタイ経由でミャンマーに資材を送り、ミャンマーで加工して完成。日本や中国への発送が、短期間で叶うようになった。
 さらに6月からは、バンコク〜カンボジア・プノンペンのトラック定期便も開始。出発から到着まで同じトラックなので国境での荷物詰替えの必要もなく、輸送時間も短縮。母体が製造業であるがゆえ、企業が求めるニーズに応えた日系輸送唯一のサービスだ。
 ASEAN経済共同体発足で、ますます需要が高まるクロスボーダー輸送。今後も、“スマートロジスティクス”を掲げる同社の快進撃に注目したい。

  • 右から山本雄一シニアマネージャー、材木和彦社長兼アジア代表、永野光鹿副社長、藤原達ゼネラルマネージャー 

  • タイ国内38拠点のネットワークを誇る同社

COMPANY PROFILE

会社名 HITACHI TRANSPORT SYSTEM VANTEC (THAILAND) LTD.
ロゴ
代表者 材木 和彦
事業内容 総合物流(輸送・保管・配送、フォワーディングなど)
設立年 1989年
TEL 02-337-2086、092-246-0906(藤原)
住所 11/8-11/9 Moo 9, Bangchalong, Bangphli, Samut Prakan 10540
本社 東京都
URL http://www.hitachi-transportsystem.com/jp/
E-mail tst-forwarding-japanese@hitachi-tstv.com

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る