日系企業の大半で使用されている、主力の引き抜き工具

日系企業の大半で使用されている、主力の引き抜き工具

日本シェアNO.1「冨士ダイス」と 変わらぬ品質を提供

1949年創業、超硬合金製の耐摩耗工具・金型の製造販売で日本国内シェアNo.1を誇る「冨士ダイス」。中国やマレーシアなどにも海外拠点を置く同社は、タイ現地法人「フジロイ タイランド」を2003年設立。超硬材種をメインに取り揃え、引き抜き工具、鍛造金型、粉末成形金型など、業種問わず技術の結晶とも呼べる逸品を提供している。
「弊社の製品は“生命工具”です」と語る輪竹暢久マネージングダイレクター(MD)。その“生命”という言葉のとおり、同社は量産ではなく、オペレーターが一つひとつオーダーメイドで仕上げる受注生産。現場では日本人技術者数名を筆頭に、勤続年数5年以上のタイ人技術者が毎日、工具に命を吹き込んでいる。
「ミクロン単位までの精度であれば、当社のタイ人技術者で十分対応が可能。何の問題もなく安心して任せられる」と輪竹MDの信頼も厚い。技術と知識を身に付けたタイ人技術者が顧客の現場に赴き、トータルソリューションで提案することも少なくないという。日本同様のクオリティ、短納期の実現、コスト削減など、顧客目線のQCDSといった付加価値を生み出している。
「今後はASEANへの営業を拡大。当社の卓越した技術でしか生み出せない異型金型の提案に一層力を入れていきたいですね」と話す渡邉弘一セールスゼネラルマネージャー(GM)。
“フジロイ”という名前が世界シェアNo.1となる日も、そう遠くはないだろう。

  • 各種金型から治工具まで幅広く対応

  • 「毎年、親会社冨士ダイスへタイ人技術者2名を研修に派遣。先輩社員が新人を育てる社風も定着してきました」と語る渡邉セールスGM(左)と輪竹MD

COMPANY PROFILE

会社名 FUJILLOY (THAILAND) CO., LTD.
ロゴ
代表者 輪竹暢久
事業内容 超硬工具・金型の製造販売
設立年 2003年
TEL 038-465-376~7 / 092-280-9700(渡邉)
住所 Amata Nakorn Industrial Estate, 700/296 Moo 1, Bankhao, Panthong, Chonburi 20160
本社 東京都
URL http://www.fujilloy.co.th/?lang=en
E-mail sales.d@fujilloy.co.th

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る