「在タイ日本人の健康管理が使命だと思っています。日本の方は、熱が出るとロキソニンを飲みがちですが、仮にデング熱だと悪化しますので、まずは医師に相談してください」と警鐘を鳴らすクワン医師(写真左)

日本人のためのクリニック 目指すは、バンコクのかかりつけ医

 DYMインターナショナルクリニックは、2014年にバンコクで開業し、年間で約10000人の日本人患者様の診察を行っている。また、グループ医療機関が日本、アメリカ、香港にあり、グループの医師同士が情報交換を行っているため、日本人患者に対してあらゆる適切な治療が可能だ。
 現在は、バンコクで唯一の日本人医師経営による医療機関として2院を構え、日本人による日本人のためのクリニックとして浸透。多くの在タイ日本人から安心感を抱かれる存在となっている。診療科目は、主に内科・小児科・婦人科で、駐在員の家族にとっては、まさに“町のお医者さん”。
 海外生活で心配の一つである医療。「熱帯地域では食あたりによる下痢や嘔吐、湿疹のほか、エアコンによる風邪が多いですね。体調が優れない時には我慢せずに受診してください」と話すのは、木本彰宏マネージングダイレクター。
 予約はもちろんのこと、急な受診の際にも、ドアを開ければ、そこには笑顔で出迎える日本語ができるスタッフと日本人の通訳の姿が。今年度からは健康診断センターをオープンし、日系企業に対して日本式の人間ドックを廉価に案内。院内にレントゲン、超音波エコー、胃内視鏡装置、心電図の検査機器などを完備しており、日本の法律で定められている健康診断科目の検査を通じて、日系企業の健康面をサポート。まさに、日本人コミュニティに無くてはならない存在だ。

  • フジスーパー1号店前の33/1院と日本水準の定期検診が受けられるDYM Health Check Up Clinic

COMPANY PROFILE

会社名 DYM Medical Service Co., Ltd.
ロゴ
代表者 木本彰宏
事業内容 日本人医師経営の医療機関(内科・小児科・婦人科)
設立年 2014年
TEL 02-005-99803~3 / 097-208-8508(東)
住所 593 / 29-41 Sukhumvit Soi 33 / 1(フジスーパー1号店向かい)
本社 東京都
URL https://dym.asia
E-mail kimoto-a@dym.jp

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る