WORLD KOGYO (THAILAND)CO., LTD.

牛島セールス・ダイレクター(左)とタイ人の営業チーム

牛島セールス・ダイレクター(左)とタイ人の営業チーム

工場の品質管理には欠かせない
高速シートシャッターを製造販売

高速シートシャッターや家電用機構部品、クリップ類の製造販売をするワールド工業。2008年には日系企業が集積するタイに現地法人を設立し、高速シートシャッターの製造販売をスタート。

ワールド工業は1974年、金属加工会社として埼玉県・さいたま市で創業。その後、製造工場などに多く設置されるシートシャッターの製造、販売、施行を行う新規事業を立ち上げる。フランスのメーカーと技術提携し、自社で改良を重ねたオリジナルの高速シャッターを開発。品質、価格、アフターケアと、すべてに優れたモノ作りが評判をよび、現在はさまざまな業種の工場に同社のシャッターが導入されている。
同社がタイへ進出したのは2008年。日系企業の海外生産工場が増加したことにより、シャッターの需要も拡大した。「製造、施行、メンテナンスまで、すべて現地化することで、納期を短縮し、トラブルにも迅速に対応できます」と語るのは、同社のセールス・ダイレクター牛島完氏。タイ国内には、本社・工場と、4つの営業所を持ち、主要な工業団地をカバーする。
「自動車工場から食品加工場まで、幅広く導入されています。生産現場の作業効率、品質管理に影響するものだからこそ、設置前になにが問題となっているかを見極め、適切なアドバイスが重要です」と牛島氏。
工場には、ほこり、虫、湿気、鳥、風雨、臭い、騒音など、さまざまな対策を講じなければいけない問題が多い。さらに、工場内の温度を保つために開閉所要時間が短く、省エネルギーで、停電時でも人力で開けられるなど、あらゆることに対応するシャッターが求められる。
同社は6月に新商品の高速シートシャッター「飛鳥」を発表した。衝突などでシートが外れても数秒で自力回復し、隙間のない高い気密性が特長。最速毎秒2メートルの高速設計を実現したうえ、特殊な電気部品も不要だ。
巻き上げ式の高速シートシャッター「ロールウェイ」は、小型サイズから最大幅20メートル、高さ9メートルの特大サイズまであり、取り付けエリアにあった型を選ぶことができる。簡単な構造のため、補強パイプが変形した場合でもすぐにメンテナンスが可能。カーテンの軽い損傷も補修テープで修復できる。
こういった優れた製品を素早く提供できるのは、日本の技術でタイ国内生産〞を掲げる同社だからこそ。今後は、タイのみならず、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシアなど近隣諸国での販売台数を増やしていく構えだ。
 

  • 新発売の風に強いパイプレスシャッター「飛鳥」

  • 下から上へ巻き上げ式の高速シャッター「ロールウェイ」  

COMPANY PROFILE

会社名 WORLD KOGYO (THAILAND)CO., LTD.
ワールド工業タイランド
ロゴ
代表者 野積晟
事業内容 高速シートシャッター製造販売
設立年 2008年
TEL 02-923-0093、081-914-1058(中野)、084-943-3941(牛島)
住所 39/19 Moo4, 345 Rd., T.Laharn  A.Bangbuathong Nonthaburi 11110
本社 ノンタブリー県バンブアトン

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top