NITTO KOGYO BM (THAILAND) CO., LTD.

品質第一の製品づくりを掲げる同社。写真の「配電盤」は、タイ向けの大型配電盤

高い製品開発力 × 製造技術 勢い増す、東南アジアの存在感

 電気・電子機器を外部環境から保護・収納するキャビネットは、同機器を取り扱う企業にとって要とも言えるだろう。その豊富なサイズや材質のバリエーションで日本国内シェアトップを獲得する「日東工業」が、東南アジアでの事業拡大に向け、2015年に設立したのがタイ法人「NITTO KOGYO TRADING」だ。キャビネットと配電盤の2本柱をメインに、輸入販売から国内での製造販売にも注力。通関輸送費などの輸入コストを削減し、低価格かつ短納期での製品提供を可能にした。
 そしてローカル企業への販路強化を見据え、タイの板金加工大手「BANGKOK SHEET METAL PUBLIC COMPANY」(BM社)と資本提携を結び、2018年1月に現社名に変更。納期と価格面において、競合他社と勝負できる土俵に上がった今、押しの一手となるのが、同社の“製品開発力と製造技術”だ。日本で培ってきた品質第一のものづくり精神と、高い製品開発力で築き上げた70年の実績に、BM社の優れた製造技術やマーケティングのノウハウが加わったことで、タイ市場における需要は日に日に増している。
 今後、シンガポールなどの各拠点と製品の共通化を進めると同時に、さらなるコスト削減、東南アジア全体へ向けたシェア拡大を目指すという。
「2022年までの海外売り上げ比率10%」という親会社・日東工業が掲げる目標に向け、同社の挑戦は続く。

  • 主力製品のキャビネット(=エンクロージャー)販売先は工場が中心。将来的には住宅にも広げていくという

  • 「販路拡大の手応えを感じ始めている」と語る森社長(右から3番目)

COMPANY PROFILE

会社名 NITTO KOGYO BM (THAILAND) CO., LTD.
ロゴ
代表者 森 一峰
事業内容 配電盤等電気設備及び 機器の製造・販売
設立年 2018年
TEL 02-652-5156(田中)
住所 56 Yada Building, 8th floor, Room No.802-803, Silom Road, Suriyawong, Bangrak, Bangkok 10500
本社 愛知県
URL http://tanaka@th.nito-bm.com
E-mail http://th.nito-trading.com

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top