TAKAMAZ機種「GSL-15PLUS」。厳しい自然環境下での長時間稼働でも、加工寸法の変化を最小限度に抑制。経験問わず操作しやすい、簡易的な機能設計も特徴

最先端のトータルソリューション さらなるグローバルサポートへ

 2002年の現地法人設立から16年。現在はバンコク本社とシラチャに事務所を構え、着実にタイでの基盤を固めている「KGKエンジニアリング」。工作機械や食品・コンシューマー向けの産業機械を供給する一方、2017年にグローバルネットワークの再構築を目指した組織改編を実施。日本本社にグローバル事業部を新設し、国内の担当エリア・部門ごとに分かれていた窓口を一本化。情報共有、円滑な海外の現法サポート体制を整えている。
 グローバル企業“KGK”の理念を具現化するべく、機械・システムの提案からアフターケアまで、トータルコーディネートに尽力。「KGKグループとして、各国での状況や情報の共有化が図られ、営業や技術者の派遣サポートなど、現地の状況に応じた支援が手厚くなりました」と営業担当の森本氏。取り扱う商材は幅広く、工作機械や周辺機械は、タイ国内だけでも300種超。「タイは製造大国です。さらなる品質・精度を生み出すため、機材への要望は高まり続けています」(森本氏)と話す通り、世界中のメーカーから選りすぐる努力を惜しまない。先般開催された「METALEX 2018」では、厳しい自然環境下で圧倒的な耐久性を誇る「GSL-15PLUS」、パワフルな切削とデリケートな精密加工を両立する「TCN-2100 V.EDITION」など、話題の製品をラインナップ。
 最先端を追求し、サポートを惜しまない姿勢こそ、同社が支持される所以だ。

  • 「KGKグループとして、各国の状況や情報の共有化が図られ、営業や技術者の派遣サポートなど、現地に応じた支援が手厚くなりました」(森本氏)

  • TAKISAWA機種「TCN-2100 V.EDITION」。強靱なボックス型ベッドに、主軸台、往復台、刃物台、心押台(オプション)をバランス良く配置し、省スペース化を実現。コンパクトでありながら、ドア開口幅は430mmと広い

COMPANY PROFILE

会社名 KGK ENGINEERING (THAILAND) CO., LTD.
ロゴ
代表者 石川泰平
事業内容 工作機械・産業機械・エネルギー関連及び周辺機器の販売
設立年 2002年
TEL 081-910-9303(森本) / 081-846-7275(川端)
住所 376 Ladprao Soi 94 (Panjamitr), Phlabphla, Wangthonglang, Bangkok 10310
本社 東京都
URL http://www.kgk-j.co.jp
E-mail morimoto@kgk-et.com

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る