「タイでは入手困難な日本の食品を、ご家庭で手軽に食べて頂きたいです」と語る齋藤社長(後列右から3番目)とスタッフ

顧客の声を商品に反映 “日本の味”を食卓に届ける

 創業から22年にわたり、バンコクの日本食レストランやスーパー、在タイ日本人家庭に食材・食品を届け続ける「SAITO FOODS」。インターネットや電話で注文ができ、わずか2時間ほどで商品を受け取り可能と驚きのスピードだ。配送範囲は幅広く、スクンビット中心からパヤタイ、バンナーにも及ぶ。シラチャにも支店があり、パタヤでの宅配もカバーしている。

 同社では、日本人の口に合う加工食品の開発にも注力。紅鮭の西京漬けやサバの味噌煮など、約130品のオリジナル商品を取り揃えている。「こんな商品が欲しい」という主婦の声から新商品を開発したり、試作時には取引先のレストランシェフがアドバイスをくれたりすることもあるという。加工食品は、プロも太鼓判を押すほどで、飲食店で提供されるものも多い。自らレシピを考案する齋藤社長は「日々、お届け先の生の声を直接聞く機会があるからこそ、求められる食品を作り出せると自負しています」と話す。

 自社商品はすべて無添加で調理。安心・安全な食べ物を届けるため、食材を厳選し、細やかな食品表示を行うことを心掛けているという。チェンライの契約農家が栽培する減農薬日本米「秋田小町」は、毎年日本で食味検査を受け、最高ランクの「特A米」の評価を獲得。年に400トン以上販売される主力商品だ。
 
輸入品だけでなく、地産地消を重視し、タイの上質な食材から日本の食卓の味を生み出す同社。在タイ日本人の便利で豊かな食生活を支え続ける。

  • 600B以上の注文で宅配が可能。配送料は無料

  • 自社商品は、お弁当に入れやすい食品が人気で、「塩鮭切り身」などロングセラーも多い

COMPANY PROFILE

会社名 SAITO FOODS CO., LTD.
ロゴ
代表者 齋藤 誠
事業内容 食品卸、小売、宅配
設立年 1997年
TEL 065-618-9906(日本語)
住所 61 Sukhumvit Soi 65, Phra Khanong Nua, Wattana, Bangkok 10110
本社 バンコク
URL https://www.saitofoods.com/
E-mail saitofoods@live.jp

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る